Triglav

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
Jump to navigation Jump to search
Triglavとりぐらふ
首なし鶏マイク
首なし鶏マイク
副アカウント Triglav11会話 / 投稿記録
Triglav14会話 / 投稿記録
Triglav15会話 / 投稿記録
Triglav16会話 / 投稿記録
Triglav17会話 / 投稿記録
Tribot会話 / 投稿記録
Trgbot会話 / 投稿記録
Trabot会話 / 投稿記録
Trvbot会話 / 投稿記録
愛称・別称 鶏がら、鶏ガラ、トリガラ、△、鳥頭
Twitter @triglav_jawp
活動期間 2006年11月29日 - 活動中
主な活動分野 河川・山などの地理
権限歴
管理者
-
編集フィルター編集者
- )
ビューロクラット
-
チェックユーザー
-
ブロック歴
  • 1日(、Three-revert rule違反)
  • 3日(、対話拒否) - 11時間44分で解除(対応がなされ対話拒否の状態を脱したため)

Triglav(トリグラフ[1])は、ウィキペディア日本語版の元管理者・ビューロクラット・チェックユーザー、編集フィルター編集者。別名「鶏がら」「鶏ガラ」「トリガラ」。本人も「愛称は“鶏がら”。」と利用者ページに書くほど、お気に入りの呼び名のようだ。△とも。後述の意味不明かつコミュニケーション能力に難がある対話姿勢から、「鳥頭」の蔑称も[2]

人物[編集]

私のお花畑を荒らさないで……
私のゲームコントローラーを返して……

詭弁にもなってない屁理屈を用いて意気揚々と語りはじめたり、いきなり脳内決定に基づく勝利宣言をして一方的に話を終わらせようとするかと思えば、唐突に関係のない話を持ち出して話を再開させたり [3]、都合が悪くなってくると対話拒否に徹したり[4]と、コミュニケーション能力に一貫性のない気分屋。日本語能力にも難があるとされ、スレではもはや名物扱いの域に[5]。このようなつかみどころがない管理者が何故か9年もの間解任されない。もちろん明確な方針違反を注意されているにも拘わらず繰り返しているとも認められず、なかなかブロックすらもされなかった。

気が利くのか思いつきなのか微妙なところがあり、管理系で何かを言いだす時も自分で手抜きや見落とし、手順の誤りを指摘されても「では、お願いします。」などと、転嫁してコミュニティに丸投げすることもあり[6]、自己中心的かつ自惚れの強さが目立つ(殊に後述2011年12月のLTA:AJAXの靴下のブロックの解除提出は何をとち狂ったのかと言わんばかりの失態と言えよう。このことは多くの人が共有する問題として認識されつつあるようで、Triglavによる提案をバッサリ切っておとすような対応なども見られるようになってきている。

他者を見下す態度は特にIPユーザーに対してひどく、勝手な呼び名をつけるなどおちょくった発言が多いが、余裕を見せているようで一種の恐怖症であると思われる。管理者時代に不審なIPを片っ端からブロックしていた様子は、まるで化学兵器による空爆のようだった[7]。IPユーザーや捨て垢の参加に否定的なあまり、LTAでもアカウントさえ登録して編集回数を重ねれば、黙認どころか歓迎してしまうようだ。2016年になってからもLTA:SHINJUの靴下と馴れ合っている姿が目撃されており、それも問題として指摘する声もある。記事書いていれば暴言を吐こうがブロック破りをしようが許すと公言するなど、管理者としては異端の存在とされていた。

ボットによる{{Template:Welcome}}貼り付けの乱発には賛否両論あるが[8]、技術屋としての側面は評価されている(本人も「ボット使い」を自称している)。あと、記事もちゃんと書く。議論さえ、議論さえまともなら。そんな願いも空しく、2017年10月にKAKERUTVとたらいで3RR違反を犯し24時間のブロックとなる。その後Aiwokusaiの手によりWikipedia:コメント依頼/Triglav 20171016が提出される。内容は…この記事の内容からも推して知るべしという他ない。

2017年のWikipedia#10月」も参照

かつてはアンチ海獺を公言しており、2012年のコメント依頼においては用意した宣言文を返答に貼れと要求する暴挙に出た。当然ながらまともな利用者からは厳しく叱責され、管理者として不適任との批判もなされた。直後の海獺の解任投票では賛成したが信任、その後自分自身も解任投票にかけられたが信任された。しかしこの後…。

2017年に解任された後は低質な自警活動の合間に、Aiwokusaiなど解任騒動時の因縁の相手に皮肉を言うだけのロボットと化している。

略歴・出来事[編集]

出典[編集]