ikedat76

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
移動先: 案内検索
ikedat76いけだっと76
副アカウント
愛称・別称 池脱兎、ヲチ犬
在住 日本 日本神奈川県横浜市
(相模鉄道沿線)[2]
Twitter @type76_
活動期間 2005年12月5日 - 2016年12月22日
主な活動分野 地方史、原子力工学、
主な活動実績
主な執筆記事
秀逸な記事 
熊野三山本願所」「小辺路
良質な記事 
九十九王子 (田辺市本宮町)」「九十九王子 (田辺市中辺路町)」他計10本。
詳細は利用者ページを参照
ブロック歴
  • 無期限(、sockpuppet: ブロックされているユーザーのブロック破り)- 1日と22時間3分で解除(問題点をご理解いただけたため)
  • 3日(、暴言または嫌がらせ)
  • 3日(、各種方針の熟読期間)
  • 無期限(Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20161215
※本体アカウントのブロック歴のみ記載

ikedat76(いけだっと76、2005年12月5日 - 2016年12月22日)は、横浜市内・相鉄沿線在住の利用者。通称「池脱兎」。後述の喧嘩用アカウント「Watchdog daemon」をもじった「ヲチ犬」の蔑称がある。

2005年12月から活動を開始、全盛期は執筆に自警活動に選考参加と多方面でハイレベルな活躍を見せる優良利用者として知られていた。しかし2013年5月から2014年8月まで続いた生野戦争において、ChichiiiLiberia頭痛Shigeru-a24みしまるももHASIDATEといった面々との死闘で疲弊し、徐々に周囲への攻撃性も増していった。そして2015年11月には積もり重なった周囲のヘイトが蓄積、遂にWikipedia:コメント依頼/Ikedat76 20151105が提出されるも失踪して逃げ切り。しかし復活した2016年にも同様の行動様式が改められず、同年12月に死刑[3]無期限ブロックに処された。その後、2018年3月には2度目のブロック逃れが発覚している。ツイッターでは無期限ブロック後も#jawpタグをつけて米日のように批判を繰り返し、ブロックされた腹いせに意図的にjawpの評判を貶めようとしているのではないかと囁かれる[4]

概要[編集]

有力利用者としての台頭とヲチ犬発覚[編集]

2005年12月から活動を開始。活動当初から多方面にわたって執筆活動を見せるが、中でもメインの地方史の記事は高い文献収集能力が如何なく発揮され、特に質が高い記事が揃っていた[5]。2006年からは左翼利用者の一員としてNiKeらと共にLTA:PEACE[6]対策に参加、それを機に管理系での発言力も高まった。

しかし2011年4月、驚愕の事実が発覚した。何と高い名声を得ていたあのikedat76が、喧嘩用アカウント「Watchdog daemon」を使用していたことが発覚したのである。これを見破ったのは当時CUを務めていた海獺。当初は否定したものの、動かぬ証拠を突き付けられると前言を撤回、故意に基づく不正使用の事実を認めて謝罪、裁量で解除された。この一件では多くの利用者の書き込みが殺到し[7]、ブロック解除後には再びWikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20110416なる依頼が提出されるなど大騒ぎとなった[8]

生野戦争から狂犬へ[編集]

2013年5月、生野区連続通り魔事件を発端としてChichiiiやShigeru-a24、みしまるもも、HASIDATEらとの1年以上に渡る死闘(通称「生野戦争」)が始まり、2013年6月にはShigeru-a24を追い詰めるも逃げ切られる。同年10月にはJapaneseAHmanらと協力してChichiiiを無期限ブロックに追い込む。しかし同年12月、投稿ブロック依頼を提出されて暴走が止まらないLiberiaが、ikedat76の会話ページで放った一言はjawp全体に大きな衝撃を与えた。

このメール内容の「暴露」はほとんどの利用者が虚偽であると受け取ったが、その真偽を確認する術が無いコミュニティは戦慄した。さらにこれを当のChichiiiは信じ込んでしまい、事態はさらなる泥沼に嵌まっていくこととなってしまう。ikedat76は即座に会話ページの編集を禁止するブロックレベルの変更を依頼するも、JapaneseAの涙を誘う演説もありChichiiiは会話ページの編集禁止は免れた。

翌年には、先のChichiiiのブロックレベル変更依頼で不適切な行動を行ったHASIDATEとの間で対立が激化。米風呂の応酬の末6月に遂に無期限ブロックに追い込んだ。同時期にはShigeru-a24の投票所での不適切な投票を咎め、こちらも3年間の超長期ブロックに追い込む事に成功。しかしこうしたナンダカナーな人たちとの極限バトルで、彼は少しずつではあるが確実に疲弊していった。そして8月、ブロック解除申請では物腰こそ礼儀正しいもの、中身は自身の問題を認識することを拒否し続ける不誠実な対話姿勢を繰り返し、しまいにはikedat76への個人攻撃を繰り返していたChichiiiに対し遂に発狂し、彼を擁護しようとしたBellcricketFreetrashboxを激しく攻撃した。彼の中で何かが切れてしまった瞬間だった。

それ以来ikedat76は何かに付けて周囲に噛み付いて回る、攻撃的な狂犬へと変貌を遂げてしまった。そして2015年11月、遂にWikipedia:コメント依頼/Ikedat76 20151105が提出される。これまで彼を擁護してきた利用者達からも批判的なコメントが多く集まり遂にブロックかと思われたが、活動頻度を地下させながら逃げ切りに成功。同年12月からウィキブレイクに入り、翌年の2月に復活を果たした。

無期限ブロック[編集]

詳細は「池脱兎騒動」「ikedat76の無期限投稿ブロック事件」を参照

しかし2016年12月11日、井戸端での議論にて依頼者のMuch vhtに対して「日本語でおk」と暴言を吐きながら乱入、それを窘めた有足魚に対し「貴章魚」と罵倒を加えた。この問題行為によりWikipedia:コメント依頼/ikedat76 20161211が提出され批判が集中、さらにそのわずか4日後にミランブラジル(現:Miraburu)によってWikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20161215が提出された。依頼は怒涛の賛成票が押し寄せる中、JapaneseAAshtrayを始めとする左翼系の利用者たちも必死の抵抗を店、ikedat76自身も会話ページで無期限ブロック支持派の利用者たちを相手に激しい抵抗を続けたが、賛成42票:反対14票という空前の大激論の末、22日、ついに無期限ブロックが確定した。

執筆・加筆記事は本人の申告するものだけで約200本近く[9]、ブロック歴は靴下の発覚による無期限ブロックが1回、暴言または嫌がらせによる3日間の裁量ブロックが2回。喧嘩用垢のWatchdog daemonに対する3日間のブロックを含めると述べ4回に及ぶ。約11年に渡って活躍した執筆者の最期となった。

ツイッタラーとして[編集]

2012年辺りからはツイッターにものめり込んでいるようであり、普段からウィキペディアよりもツイッターの方が活動頻度が高かった。大半のツイートは自民党・政権批判のRTである。たまにjawpに関するツイートもしているが、他の利用者を馬鹿にするような内容のツイート[10]も少なくない。2016年12月にはjawpでの無期限ブロックを受けてアカウント名を「type76_jawp」から「type76_」へと変更し、完全なツイ廃に陥ることが強く懸念されている。さらに無期限ブロックされたウィキペディア日本語版に対する口汚い恨み節を#jawpタグを使って拡散しているため、第三者からすると「日本語版ウィキペディアのハッシュタグを検索したら、暴言を吐き続ける無期限ブロック済みユーザーが暴れている異様な光景が目の前に広がっていた」という地獄絵図が展開されている[11]。ツイ廃ぐらいならともかく、本当に身体と精神の健康だけは保ち続けてもらえるよう、心から祈るばかりである。

執筆以外の貢献の形を全く認めない(質が低いとかえって問題だが必要性とは別の話)、執筆者や査読者が自分の価値観に合わないと侮辱する、自分の問題点を改善しようという意思が全く認められない。不愉快なんでいい加減 #jawp のタグ付けて発言するのやめていだだきたいですね。[2]--Karasunoko

Crystal Clear app personal.png

このタグ #jawp をご覧の事情をあまりよく知らない皆様へ。この利用者、 @type76_ はikedat76というアカウント名で日本語版ウィキペディアで活動していた方ですが、攻撃的な姿勢を理由にブロックされています。今現在日本語版ウィキペディアとは関係ないので悪しからず。[3]--Karasunoko

Crystal Clear app personal.png

再度の不正アカウント行為[編集]

多重アカウントの不正使用についてはWatchdog daemonの件で陳謝し反省していたと思われたが、2018年には2度目の不正使用を行っていたことが発覚した。表では無期限ブロックされたままフェードアウトするかと思われていたが、彼はかつてコモンズへの画像投稿用に作成したKMR会話 / 投稿記録というアカウントを所有していた。そして2018年2月には本アカウントがブロックされた状態にも関わらず、jawpの方で同アカウントを使用し投稿を再開。当然ながら完全な方針違反である。

3月上旬より本格的な活動を開始し、約3週間もの間ノーマークのまま、以前に本アカウントで編集していた熊野古道関係や原子力関係の記事の編集を続けていた。しかし28日についに、それもよりにもよってWikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20161215の提出者であったMiraburuに見つかり報告され、即座にY-dashの手によって無期限ブロックが執行された。KMRとしての編集活動は妥当な内容で、新規立項もするなど真面目なものであった。

略歴・出来事[編集]

年月日 出来事
2005年12月05日 アカウントikedat76が作成される
2006年02月10日 219.110.93.15 (h219-110-093-015.catv01.itscom.jp) がWikipedia:削除依頼/日本の人名の一覧を提出
2006年05月14日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76が提出される
2006年07月01日 Wikipedia:コメント依頼/ikedat76が提出される
2006年08月05日 Wikipedia:コメント依頼/Ikedat76 part2が提出される
2006年08月05日 219.110.93.15との同一性について追及される
2006年09月20日 Wikipedia:コメント依頼/Gordon S, Ikedat76が提出される
2006年09月20日 Wikipedia:コメント依頼/Ikedat76 part3が提出される
2008年09月03日 cproが利用者:Ikedat76/メモを削除
2009年06月05日 アカウントWatchdog daemonが作成される
2009年08月16日 Ks aka 98がWatchdog daemonを1日ブロック (各種方針の熟読期間)
2011年01月03日 Wikipedia:チェックユーザー依頼/ikedat76が提出される
2011年02月19日 Wikipedia:コメント依頼/Watchdog daemonが提出される
2011年03月11日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/Watchdog daemonが提出される
2011年03月12日 Watchdog daemonがWikipedia:投稿ブロック依頼/Wikipedia:コメント依頼/Watchdog daemon関連を提出
2011年04月03日 海獺がWatchdog daemonを無期限ブロック (各種方針の熟読期間: 暫定無期限)
2011年04月04日 海獺がikedat76を無期限ブロック (sockpuppet: ブロックされているユーザーのブロック破り)
2011年04月05日 海獺がikedat76のブロックを解除 (問題点をご理解いただけたため)
2011年04月09日 喧嘩用アカウントWatchdog daemonが特定される
2011年04月09日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/Watchdog daemon 二回目20110409 追認が提出される
2011年04月16日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20110416が提出される
2013年04月09日 Wikipedia:コメント依頼/ikedat76 20130409が提出される
2013年12月19日 Wikipedia:チェックユーザー依頼/Ikedat76さんとLiberiaさんのwikiメール発信記録が提出される
2014年01月05日 Wikipedia:コメント依頼/ikedat76 20140105が提出される
2014年02月03日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20140203が提出される
2014年05月01日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20140501が提出される
2015年07月22日 Wikipedia:コメント依頼/ikedat76 Infinite0694 MaximusM4 20150722が提出される
2015年10月24日 Ks aka 98がikedat76を3日ブロック (暴言または嫌がらせ: Wikipedia:礼儀を忘れない)
2015年11月05日 Wikipedia:コメント依頼/Ikedat76 20151105が提出される
2015年11月30日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/Ikedat76 20151130が提出される
2016年12月11日 Wikipedia:コメント依頼/ikedat76 20161211が提出される
2016年12月15日 Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20161215が提出される
2016年12月19日 Jkr2255がikedat76を3日ブロック (各種方針の熟読期間)
2016年12月23日 KMTがikedat76を無期限ブロック(上記ブロック依頼の審議結果)
2018年3月28日 KMRがikedat76のソックパペットとして無期限ブロック

関連作品[編集]

  • Wikipexit - 投稿ブロック依頼が提出された2日後の2016年12月17日に、ikedat76が執筆した利用者ブック。無期限ブロックは不可避と判断したikedat76が、自身の活動の集大成として書き残したものと思われる。「Wikipexit」は「Wikipedia」と「Exit」の造語?[12]

脚注[編集]

  1. ^ 初編集は。詳しくは後述。
  2. ^ 「Wikipedia:ウィキペディアン/神奈川県」の版間の差分diff=5513008
  3. ^ Wikipedia:投稿ブロック依頼/ikedat76 20161215oldid=62758353
  4. ^ [1]
  5. ^ なお、翻訳の精度についてはいまいちだと推測される。
  6. ^ 当時は「LTA」の呼称が定着していなかったため、当時は専ら「Peace系」と呼ばれていた。
  7. ^ 中には不正靴下を批判する不正靴下まで…。
  8. ^ この依頼の提出者も不正靴下。一体どうなってるんだ…。結果はブロック見送り。
  9. ^ 利用者:Ikedat76/新規項目
  10. ^ 英語版ではオフウィキ・ブレイクと言うようである。
  11. ^ ツイッターでこれとかこれにあるカンバスやこのような無期限ブロック利用者への個人攻撃が日常的に行われているが・・・おや、こんな時間に誰かが来たようだ。
  12. ^ 2016年12月当時、世界ではイギリスヨーロッパ連合からの離脱、通称「Brexit」が大きな話題となっていた。