Faso

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
Jump to navigation Jump to search
Fasoファソ
活動期間 2004年 - 活動中
主な活動分野 将棋・囲碁・ボクシング
権限歴
管理者
2005年3月31日 - 2005年6月28日
2005年3月31日 -
チェックユーザー
2007年1月8日 - 2007年9月11日

Faso(ファソ[1])は、ウィキペディア日本語版の管理者。

来歴・人物[編集]

2004年より参加。執筆者としては将棋・囲碁・ボクシングを守備範囲としている。執筆した記事はスタブがほとんどで(全部?)、2016年に新規作成した維新立藩では掬茶から「参加歴も長く、仮にも管理者の地位にある方が無出典のスタブ記事を作成するのは感心しません。」とダメ出しをされてしまっている。

古参管理者だが、2005年に一度体調不良で退任しており、2006年に再任。8ヶ月間だけCUも務めていたが、個人認証の手続き上のトラブルによってCU権限は剥奪された[2]。この他、ウィキクォートで管理者になったこともあり、その際にはあのAphaia推薦を受けている。

即時削除などを中心に権限行使を行い、2017年現在、活動は比較的活発である。

不適切な権限行使[編集]

Deadaphaiaという利用者がAphaiaに対する攻撃的な名前としてちゃたまによってユーザーネームブロックされたDeadaphaia事件では、3アカウントをDeadaphaiaのソックパペットとしてブロックしている。不適切な権限行使を疑われたコメント依頼においてFasoは「資料として提出されている対処要請」というハッキリしない理由で対処を行ったことを認めている[3]

LoniceraのRfAにおいて、「影武者氏の靴下人形と同じIPでの編集がIP数にしていくつも見受けられます。これらは全てProxyですが、編集傾向から影武者氏の靴下人形では無いと考えブロックしておりませんが、今後もProxyを中心として活動の予定でしょうか。また為念ですが、影武者氏とは関係はないでしょうか。」という質問を行った。つまり、CU権限を使用してLoniceraのIPを調べたということであり、全中裏などから権限の濫用を糾弾する声が上がった[4]

2007年8月18日、後の管理者・Marine-Blueを「sockpuppet: Netanotane」と断定し裁量無期限ブロックをかけた。もちろん誤認ブロックとしてすぐに解除されている(Marine-Blue#Fasoによる冤罪被害)。

2009年にはFasoがCUだった当時にかけた東工大への広域ブロックが問題となった。井戸端での議論では、東工大のネットワーク管理者からの解除依頼が無視されていたこと、Fasoは「対処してもらっても、なんどもなんども悪さが続き」としていたが、東工大側には一切連絡がいっていないことが明らかになった[5]。最終的にはFaso自身によって「当該事象より1年半が経過しており再発は低いと考え」という理由で解除されている。

2016年4月5日、JapaneseAと編集合戦を行っていたはるみエリーに対し、Fasoは裁量ブロックをかけた。それはいいのだが、期間が2週間、しかも一方のみブロックというものだったため、即座にWikipedia:投稿ブロック依頼/はるみエリー 解除が出される。むよむよから「初めて管理者様の裁定に首を傾げました。」、ぱたごんからは「この件で「裁量」で2週間は不当」と厳しい意見が続出。ブロックは3日間に短縮された。

不適切な即時削除[編集]

2017年[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 利用者:Fasooldid=1558541
  2. ^ Wikipedia:管理者の辞任#その他の理由による辞任oldid=13539484
  3. ^ この頃はAphaiaの影響力が大きく、IRCなどで個人的にブロックを依頼し、それが通るということがまかり通っていた時代であり、「対処要請」というのもMiyaなどのAphaiaと仲の良い管理者・利用者グループからの依頼だったのではないかと思われる。
  4. ^ Wikipedia:コメント依頼/CheckUser係の活動について 200704/これまでの議論
  5. ^ Fasoの言によれば、東京工業大学に関しては総務部に架電し状況を説明したらしいが、「私が報告を行い、対処と理解し得る回答を頂いたのは東京工業大学からではございません」とのこと。