Dr jimmy

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
移動先: 案内検索
Dr jimmyどくたー・じみー
ジミー大西※この画像はイメージです。被写体はDr jimmy氏ではありません。
ジミー大西
※この画像はイメージです。被写体はDr jimmy氏ではありません。
愛称・別称 ジミーちゃん
活動期間 2007年2月7日 - 活動中
主な活動分野 自警と言われる管理行為

Dr jimmy(ドクター・ジミー)は、Wikipedia日本語版の利用者。愛称は「ジミーちゃん」。管理者伝言板の対処済み案件の除去などのお役所仕事を黙々と処理しつつ、情報の無差別集約系の投稿をrv/vして回るキング・オブ・自警。

来歴・人物[編集]

初登場は2007年2月、編集回数は2017年12月時点で20万回を超えており[1]、生きた人間としてはぶっちぎりのトップ、ウィキホリックを通り越してウィキ廃人である。好き嫌いはともかく、彼無しでjawpを回すとなるとそりゃあもう大変であろう、影の功労者(?)的な人。淡々とこなしているようでも時々語気を荒らげることがあるため、人工知能搭載Botではないようだ。

jawpで受け入れるべきでない記事・記述に対して容赦無く除去等を行うため、アホの逆恨みを買う事が非常に多く、他サイトでもその名を目にするほどである。また彼が行う各種削除の提案等は、jawpのルールに高確率で合致しているため、彼が提案したものは、結構な高確率で通る。まあここまでは当たり前。だが作業量の多さからか、雑な面も目立つ。Wikipedia:新規参加者を苛めないでくださいを守る気は毛頭なく、初心者に対していきなり「執拗に書くのはやめなさい!」「警告します!」「再度警告します!」などと上から目線の命令口調を使うことも多いため、「かえって編集合戦や荒らしを増やすことになりかね」ないとの意見もある。

2014年に削除者に立候補したが、知識不足から有効な出典でさえ除去するなど、機械的かつ除去主体の活動のため、不安視されて当選直前に反対票が集中し落選。人望の無さを露呈することになった。その際の「古参と呼ばれる編集者や管理者の方からは嫌われていることは想定内でしたし、いかに効果的に落選させるかを狙った強い悪意を感じざるを得ませんでした」という発言により[2]、その後10年はいかなる権限申請も通らないだろうと言われている。管理者への立候補を薦められた時から、会話ページを過去ログ化しないことは失笑を買っている。

議論を勝手に時間で打ち切る癖がありトラブルの元になっているが、もめていない議論なら「ジミーが打ち切ったから合意成立」という目安になるので気にせず適用する人も。執筆をまったく行わず管理行為に没頭するためか、或いは即時削除テンプレート貼っつけるのが基礎知識の無い人には削除行為に見えるためか、初心者に「管理者」扱いをされることが見受けられる。

注釈・出典[編集]

  1. ^ 20万回オーバーは非botとしては2017年末時点で唯一。詳細は各種ランキング#編集回数ランキングを参照。
  2. ^ 本人は2011年10月の時点で「私自身、他の多くの編集者からどのように思われているのか、ある程度は客観的に見ることができるつもりです。」などと嫌われ者としての自覚はあったようだが。