「Keisotyo」の版間の差分

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
移動先: 案内検索
(感謝賞)
(愛称追加)
 
7行目: 7行目:
 
| 副アカウント = {{User-jawp0|Ks}}(2004年12月14日 - 2014年10月8日)
 
| 副アカウント = {{User-jawp0|Ks}}(2004年12月14日 - 2014年10月8日)
 
| 本名 = <!--以下、明確な紐付けのない情報は記載しないでください-->
 
| 本名 = <!--以下、明確な紐付けのない情報は記載しないでください-->
| 愛称 = 珪素鳥
+
| 愛称 = 珪素鳥、珪素蝶、珪素先生
 
| 性別 =  
 
| 性別 =  
 
| 生年月日 =  
 
| 生年月日 =  

2018年12月5日 (水) 13:49時点における最新版

Keisotyoけいそちょう
ヒキガエルに似たひき岩(和歌山県田辺市。Keisotyo自身による作品)
ヒキガエルに似たひき岩(和歌山県田辺市。Keisotyo自身による作品)
副アカウント Ks会話 / 投稿記録(2004年12月14日 - 2014年10月8日)
愛称・別称 珪素鳥、珪素蝶、珪素先生
活動期間 2004年12月14日(初編集。Ksとして) -
主な活動分野 生物(菌類・植物・無脊椎動物など)、ロリコン雑誌
受賞歴
月間感謝賞(2005年3月2015年6月
ブロック歴

Keisotyo(けいそちょう)は、ウィキペディア日本語版の利用者。執筆者。自称教育公務員[1]。専門分野における執筆者としての定評がある反面、プライドもそれなりに高く、言葉遣いにやや難があったり、互いの思想の食い違いにより一部の利用者からは敵視されがちではあるが[2]、幸いなことにブロック歴は一切なかった。ところが3回目のブロック依頼が出された結果、2018年7月7日に1か月のブロックを受けることとなった。

来歴・人物[編集]

2004年12月から旧アカウント「Ks」で活動を開始した古参利用者であり、2014年10月に現在の「Keisotyo」アカウントに移行した。漢字表記は珪素鳥(本人の利用者ページより)。生物記事界のドンにして月間新記事賞を連発する優良執筆者。軽快が作成した「jawp新着記事執筆者ランキング[3]」によると、2018年3月26日時点で新着記事への掲載本数は旧アカ時代と合わせて352本であり、“誤訳王”と称えられる龍伯についで堂々のjawp第2位である。しかしあからさまな暴言こそ少ないが、議論への参加姿勢に緊張感が無さすぎて放言を放つことが多い。龍伯の引退のきっかけとなった「旧世界登りツタ」を指摘したのもこの人。もう少し礼儀を持って優しく指摘してあげていれば、龍伯引退はなかったであろうに。

2017年3月のニュース女子騒動の際も、「あっはっは」と高笑いを挟みながら「しんぶん赤旗は産経新聞より信頼性がある」という暴論を述べてはるみエリーに米を炊かれるなどもうどうしようもない。暴言も多く、他者の利用者ページに「アホか」と乗り込んだり、「うはああ!」と喚きながらHmanに真正面からケンカを売ってみたりとなかなかのものである。ただしWikipedia:コメント依頼/Kojidoiの一連のコメントでは一部脱線が見られるにせよ特に暴言推進派と見なせるわけでもなく、かつてつるんでいたikedat76風呂ではikedat76の数段酷い暴言に辟易していた様子で、最後は大喧嘩の末に「暴言はいけない」と無期限票を投じたりもしており、同族嫌悪とか自分は暴言を吐くが他人の暴言は許せないとかの可能性もあるが、現在のところ「礼儀を忘れない」に対するスタンスの詳細については不明瞭。

スレではトリップは使わず単に名前を入力して書き込んでいるため、成り済ましもちょくちょく現れているようだ。2017年8月には2回目のブロック依頼を提出されるも何とか乗り切ったが、直後の9月には英語版の良記事を紹介した「私論」を何と標準名前空間に投稿してIPユーザーとChiba ryoに即時削除タグを貼られ、即時削除を却下してわざわざWikipedia名前空間に移動してくれた[4]伊佐坂安物に「俺の承諾無しに移動するな」と殴り込むなどの二転三転の末に、結局本スレを見ていた(たぶん)Yassieによって利用者サブページへと移動されるという騒動を起こした。

2018年の3回目のブロック依頼で、とうとう1か月のブロックに沈んだが、直後にスレに本人(と思われる人物)が降臨し、散々ヘイトをまき散らした。それなりにブロックされたのがショックだったようだ。

注釈・出典[編集]

  1. ^ 「ノート:ミズカビ」の版間の差分diff=48148098
  2. ^ Wikipedia:投稿ブロック依頼/Keisotyo 2回目
  3. ^ Ranking list of user creating new article - Quarry
  4. ^ もっとも内容からしてWikipedia名前空間に置いておく私論でもないため、この対応も厳密に言えば謎である。