「2017年のWikipedia」の版間の差分

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
移動先: 案内検索
(11月: 12月)
m (9月)
154行目: 154行目:
 
; RJANKAブロック (9/11)
 
; RJANKAブロック (9/11)
 
: 2007年3月から10年以上に渡って活動し、ポータルの更新などを中心に29000回以上の編集回数を誇った自警・[[RJANKA]]が、検証可能性の無視や書きたい事を書くといった加筆姿勢、履歴継承違反などの著作権侵害や誤訳記事の濫造、さらにはこれらの問題に真摯に向き合おうとしない対話姿勢を問題視され、[[Sumaru]]に{{w|Wikipedia:コメント依頼/RJANKA|米}}{{w|Wikipedia:投稿ブロック依頼/RJANKA|風呂}}を炊かれて11日に無期限ブロックが決定。ブロック後も{{w|diff=65460974||この調子}}なので、普通に考えればブロックもやむを得なかったようだ。
 
: 2007年3月から10年以上に渡って活動し、ポータルの更新などを中心に29000回以上の編集回数を誇った自警・[[RJANKA]]が、検証可能性の無視や書きたい事を書くといった加筆姿勢、履歴継承違反などの著作権侵害や誤訳記事の濫造、さらにはこれらの問題に真摯に向き合おうとしない対話姿勢を問題視され、[[Sumaru]]に{{w|Wikipedia:コメント依頼/RJANKA|米}}{{w|Wikipedia:投稿ブロック依頼/RJANKA|風呂}}を炊かれて11日に無期限ブロックが決定。ブロック後も{{w|diff=65460974||この調子}}なので、普通に考えればブロックもやむを得なかったようだ。
; Ktp625の管理者立候補 (9/25)
+
; Ktp625管理者落選 (9/25)
 
: 主に海外サッカー記事などを執筆していたKtp625が、{{w|label=管理者に立候補した|title=Wikipedia:管理者への立候補/Ktp625/20170925}}。しかしサブページを作成しただけで、ポータルページへの告知を忘れ、それを指摘されると、{{w|diff=65687550||ビューロクラット候補に書き込んでしまう }}など初手から危うさが目立った。質疑では管理系に関わった経験がないことを詰められるが、見かねたPurple Quartzから会話ページで立候補取り下げを勧められ、28日に突如ページを{{w|diff=65723320||白紙化}}、{{w|diff=65723326||立候補辞退}}を宣言。アルトクールによって終了宣言がなされた。
 
: 主に海外サッカー記事などを執筆していたKtp625が、{{w|label=管理者に立候補した|title=Wikipedia:管理者への立候補/Ktp625/20170925}}。しかしサブページを作成しただけで、ポータルページへの告知を忘れ、それを指摘されると、{{w|diff=65687550||ビューロクラット候補に書き込んでしまう }}など初手から危うさが目立った。質疑では管理系に関わった経験がないことを詰められるが、見かねたPurple Quartzから会話ページで立候補取り下げを勧められ、28日に突如ページを{{w|diff=65723320||白紙化}}、{{w|diff=65723326||立候補辞退}}を宣言。アルトクールによって終了宣言がなされた。
 
; AbemaTV「極楽とんぼKAKERUTV」番組からのおバカ写真投下
 
; AbemaTV「極楽とんぼKAKERUTV」番組からのおバカ写真投下

2017年12月7日 (木) 08:25時点における版

2017年のWikipediaでは、2017年のウィキペディア日本語版の動向を紹介する。

1月

新春初笑い (1/1)
本スレにて、無期限ブロックを受けた電波元利用者のKamishirowisdomがjawpメーリングリストで訴訟訴訟と騒いでいるとの報告。あまりの電波さにスレにはほほえましい新春初笑いがもたらされ、2016年後期の陰惨な事件の数々を経験したjawp利用者・スレ参加者の心を和ませた。
Mirinano復活 (1/2)
前年10月29日にウィキブレイクを宣言し、同年11月8日から完全に編集を停止していた[1]Mirinanoが、1月2日から編集を再開。利用者ページの表示も“break”から“return”に変更され、1月7日にはさらに“active”へと移行。早速、ぱたごん削除者立候補ノートページで遊んでおり、ウォッチャーの中には「ミリナノをreturnしたい」、「ただ一人反対票を投じた)Bellcricketなんかよりも、下の方で騒いでる(無資格にも関わらず勝手に投票確認をしていた)ミリナノが気になる」といったレスも寄せられた。なお、昨年に提出されたコメント依頼への対応は一切無し。それどころか6月には…(後述)。
宇井木辺出夫・優いチブロック (1/3、1/4)
越年していた投稿ブロック依頼が相次いで決着。あまりに人の話を聞かず、あらゆるタイプの利用者と不毛な争いを起こした宇井木辺出夫ノート:馬場ふみかで1ヶ月以上の大暴れをした挙句、ねらーのおもちゃにされた優いチ、いずれも全会一致で無期限ブロックが決定された。新年早々、森さんがウサギちゃんを貼り付ける微笑ましい姿[2]も見られた。なお、JSTでは同日の出来事だが、朝早くに沈んだ宇井木辺出夫と夕方頃まで遅れた優いチとで時間帯の開きがある。依頼の提出は優いチの方が早いにも関わらず、宇井木辺出夫が早く対処された点から、管理者の裁定の基準が垣間見えた。
ニュース女子赤旗問題 (1/10~1/14)
政府が警戒する日本共産党の「敵の出方論[3] ©多摩に暇人
あまりメジャーとは言えないテレビ番組についてのこの事件、発端は「沖縄・高江のヘリパッド建設工事に対する反対運動の報道について、デマ・捏造という批判がある」と言う文章を、JapaneseAがなんと日本共産党の機関紙であるしんぶん赤旗の主張を、それも文中に「赤旗によれば」などと帰属化せずに再記述したこと。これを除去されたJapaneseAは発狂、あくまで共産党の機関紙の主張をねじ込もうと編集合戦を開始。その後も左傾した編集を連発。更には「最低限の状態にする」と要約に記し、やはり共産党の主張はそう明記せず維持ノートではしれっと共産党の機関紙を二次資料だと述べ、そこからはひたすら一次出典をぶつけ合う醜い殴り合いが続いたが、対立相手のIPユーザーがブロック破りであることが発覚しブロックに。JapaneseAの独り勝ちと思われたが、おもちゃの優いチを失っていたFusianasan1350から土壇場で「赤旗は二次資料にならない」と指摘され、自ら赤旗を出典から外さざるを得なくなった。なお、JapaneseAは以前より同様の案件で度々議論に参加しており、過去には「赤旗によれば」と明記するのを自ら提案していた事実がある。
ぱたごん削除者就任 (1/11)

詳細は「ぱたごんの削除者信任」を参照

去年2月に巻き戻し者の権限をゲットしたぱたごんが、2日に削除者に立候補。質疑応答にも問題は無かった事から、賛成41票:反対1票(ぱたごんと因縁のあるBellcricket[4])で信任、削除者に就任した。この6ヶ月後には、ぱたごんはついに管理者の地位を手にすることとなる[5]。なおノートページでは、当時低質な管理行為と壊滅気味な日本語で話題となっていたMirinanoが、票の確認ではしゃぎまわると言う光景も見られた。
Mirinanoウィキメール問題 (1/11~1/15)
Mirinanoは「ウィキメールを受け取れるようにして欲しい」とNecsusに要求したが、Necsusは会話ページじゃダメなのか?と返答。法的問題が高いからとMirinanoは粘着したが、自身の会話ページで他方からツッコミの嵐が吹き荒れる。最後は「察しろ」と逆ギレして一方的に話を終わらせた。とにかくNecsusに謝ろう。なお、この時に流行語大賞を狙えるレベルの新語を編み出した。
ピエール・ジャン・ジョルジュ・カバニス無断転載事件 (1/17~1/29)
17日、削除者に就任した直後のぱたごんにより、他の利用者サンドボックスの利用を巡るWikipedia:井戸端/subj/下書きパクリの防止についてという話題が提起される。この問題に関しては、2013年にBenzoylが引き起こしたサンドボックスの無断転載事件(ジュ・ド・ポーム無断転載事件)を初めとし、2015年には同様の事件が発生し何れも大問題となっていたが、2017年1月16日には再びサンドボックスからの無断転載案件が発生、削除依頼を提出され、挙句挑発行為に出ると言う事件が起こり、これを契機としてあらためて利用者サンドボックスからの無断転載などについて方針等を作成しようと話し合いが始まった。しかし、ほどなく礼儀を重んじ転載を不適切と断じる規制賛成派と、ライセンス上は問題無いとして転載を容認する規制反対派による小競り合いの場と化した。ちなみにネタフリをした当のぱたごんはその後風邪をひき、22日には「下書きパクリの件はみなさんよろしく」と何とも呑気なコメントを投下した。しかし29日には復帰して議論を総括、現状のルールの準用で対応可能として上手く纏めた。しかしこの議論の存在を知らない将来の管理者達は対応に苦慮する可能性が有り、この議論と合意の存在を次の世代に伝えられる体勢は整っているとは言いがたい。
柒月例祭・Quark Logo長文合戦 (1/23~3/20)
「関の五本マツ」改名騒動から宇井木辺出夫の投稿ブロック騒動まで、長きにわたる対立関係にあった両者。ついに全面戦争を開始柒月例祭がまず30KBのコメントを投下。これだけでも読むに耐えないレベル[6]なのに、直後にQuark Logoが計60KBものコメントの連続投下で反撃。コメントできるのは長文を読むのに耐えられる暇人のみとなった。はるみエリーが割って入るも両者和解には至らず、「何も確認事項や合意事項がないことを確認したうえで本件をクローズするということには同意します」という平行線状態のまま、300KB近いやり取りは終息したのだった[7]
だぶるすてっち=月曜日の図書館ブロック (1/25)
2016年12月末にミランブラジルによって提出され、一旦却下された後に再提出されたWikipedia:チェックユーザー依頼/だぶるすてっち他の結果、W.CCによってようやくCUが実施され、全員黒とも言えるが白とも言えるという結果が得られた。しかしその翌日、事態は驚きの展開を見せる。何とだぶるすてっちが、月曜日の図書館という靴下を使用したとしてブロックされたのである。この「月曜日の図書館」という利用者名は、スレ住人および本まとめWikiの参加者には説明不用のネタ利用者名であったため誰かの靴下であろうということは明白であったが、だぶるすてっちの靴下というのは全くの予想外であった。また、この一件はこれまでCU対策は磐石と思われていたLTA:SHINJUが、初めて失態を晒した出来事としても記憶された。このCUの実施は、2016年中旬辺りまで熾烈な争いを繰り広げて来たJapaneseAとぽてから・はるみエリーのヘッジファンドダイレクト炎上事件宇井木辺出夫殲滅戦争に続く共闘による部分が大きかった。この直後にJapaneseAは、当初からCU依頼の提出に大きく協力したぽてからと、かつて自身が提出したブロック依頼でJapaneseAに唯一理解を示したはるみエリーに対し、謝意を述べると共に相互不干渉の理想を語り、自身はこの二人の編集には手を付けないとも宣言した。しかしこの半年後…。
ローズ座炎上 (1/27)
さえぼー先生が学生(がるぼ)に作らせた(けど期間内に終わらなくて自分で仕上げた)記事「ローズ座」が誤訳だらけ。そのうえ、新着候補として投票しちゃったので、本スレで話題になった。先生、仕上がってません。難易度が高すぎたんじゃないの、と学生に同情する声もあり。ちなみにこの記事はその後、ネイミランブラジルの改訳により記事は大幅に改善され、めでたく新着記事に選ばれる運びとなった。とはいえそれでもまだ問題が残っていたが、Deer Hunterやxx kyousuke xx、さらにはまさかのオランウータンの参戦もあり、最低限の体裁は整えられるに至った。
Bリーグ改名論争開幕 (1/30~)

詳細は「Bellcricket#Bリーグ改名戦争」を参照

BellcricketとBsxたちによって繰り広げられている改名戦争。半年経っても継続中。そろそろ飽きないのだろうか。

2月

ニース巻き戻し者落選 (2/3~2/12)
去年の10月頃に登場した泡沫利用者ニースが巻き戻し者に立候補。立候補時のコメントだけ見れば極めて全うな内容だが、あまり人望がないようで、質問に対する回答も不合格だった。その為当初から無風であり、賛成1票:反対3票と終始盛り上がることなく終了した。せいぜい結果通告の際に、ぱたごんが巻き戻し者と削除者の信任要件を取り違えた程度で、本当に何も起きなかった。
Kkkdc管理者自動退任 (2/5)
幽霊管理者のKkkdcがひっそりと自動退任。本スレでも殆ど話題に上らなかった。これによりjawpの管理者は47名へと減少した。
栃本関所の変 (2/6)
既存記事が存在することを知らずに新記事として立項してしまった場合の新着推薦要件をめぐって、さえぼーKoshiyouがノートでバトル。この2人が喧嘩好きであることが改めて証明された。Yassie132人目方式の有用性について熱弁を振るっている姿も目撃された。
第四次グルジア・ジョージア戦争勃発 (2/8~3/16)
2016年8月に「ジョージア」に改名することで決着した第三次グルジア・ジョージア戦争。この戦争で大いに名を挙げたサンシャイン劇場が、戦後処理を巡って管理者のSumaru喧嘩を売った。しかし依頼ではサンシャイン劇場に否定的なコメントが集まり、さらにはサンシャイン劇場のソックパペット疑惑も浮上するなど苦戦を強いられることになった。最終的にはサンシャイン劇場が全面敗北を認め無期限のウィキブレイクを宣言。戦争は終結した。
相葉事変 (2/10)

詳細は「相葉事変」を参照

ラウンジクラシック板住民の相葉ファンが大挙して押し寄せ、記事が保護された13日以降はノートにて数々の迷言が誕生した。
大山仁士宣伝事件 (2/14)
所帯持ちのいい歳したおっさんが自身の務める音楽事務所の宣伝を行った挙句、自分の会話ページでなぜか逆ギレして発狂。よりによって本名でアカウントを取得していたため、スレではTwitterやFacebookに掲載していた個人情報が開示され、「大人の」おもちゃにされた。一方で、これでも藝大を出ているインテリであることが明らかになると、学歴と頭の良さは比例しないという都市伝説に拍車がかかった。この時残した言葉の数々はスレに晒され、無能呼ばわりされる憂き目を見た。
JapaneseA逆誤訳指摘問題 (2/15~2/25)
前年に連日の誤訳指摘により疲弊して引退していた龍伯。その龍伯が翻訳した記事における「be incorporated」=「法人化される」という訳を、よせばいいのにJapaneseAが誤りだと指摘。「それで正しい」とYassieの反撃を受けコメント依頼へ突入。Sumaruや削除者立候補中のKarasunokoらが積極的に攻撃に加わる一方、反龍伯筆頭のKeisotyoや雲霞たちが対抗。どう見ても某LTAのIPがわらわら出て来るなど不穏な空気が漂いつつあったが、それ以上戦線が拡大することはなく自然に終了した。
Karasunoko削除者就任 (2/24)
JapaneseAの壮絶な自爆と同時期に、Karasunokoが削除者に立候補。スレでは1年に400回という編集頻度の低さ(!?)が指摘され、元から通る見込みないんだから誤差とまで言う者すらおり、実際ノートでの質問が一件も寄せられないまま投票期間に突入し、無風選挙になるかとまでも思われていた。ところが、突如JapaneseAが前述のコメント依頼で糾弾された報復票と思われても仕方のないような反対票を投じると、そこから賛成票が殺到して投票開始から僅か50時間で信任ラインの賛成率75%・総得票10票をクリアした。また、賛成者の中にはぱたごん、Hman、Asturio Cantabrio、まさふゆといった執筆派有力利用者も少なからずいた。これにはTwitter組が馴れ合ったとの分析がある。その後も着々と票を上積みし、最終的に賛成15:反対2(ちなみにもう1人は市井の人であるが、純粋に信任出来なかったのかは不明ながらとんだとばっちりである)という圧倒的な結果で信任された。編集回数の少なさから靴下疑惑まで出されたにも関わらず、ここまで賛成が増えたのは偏にJapaneseAが反対したせいだという意見が多く見られた。なお、真っ先に反対票を投じたJapaneseAは立候補のノートページで、「すみませんが反対票とします。その理由を数ヶ月後(まだ私が居ればの話ですが)に私から謝罪するかもしれません。」と意味不明なことを口走り、ぱたごんに咎められて2時間半後に自ら差し戻していたが、結局謝罪はなかった。
ゆぅみん本名発覚 (2/16)
昨年の登場以来、政治分野を疲弊させていた調布民の中の調布民オブ2(旧オブヤシ、現ゆぅみん)が本名を特定された。2017年に入ってからは行動がやや改善していたが、逆に米風呂が炊けないというジレンマに陥っていた中での出来事だった。以前にミートパペットをしていた大学の友人の冬之海が、約半年ぶりに復活するや調布民の中の調布民オブ2の会話ページに、その本名と「お前にWikipediaに誘われたせいで俺の学校生活は滅茶苦茶だ!ネットやめろ!(意訳)」という恨み節を書き込んだ。問題の版はすぐに対処されたが、色々と内輪もめのチャット掲示板化するなど荒れ放題な上、その珍内容からして彼らのキャンパスライフが心配である。書き込みに対する調布民の中の調布民オブ2の返信は「私には社会的立場がある」と意味不明なものであった。
テレポちゃん=甘薄荷ブロック (2/18)
Wikipedia:チェックユーザー依頼/だぶるすてっち他の結果を受けて、JapaneseAがテレポちゃん・甘薄荷の両名に対するコメント依頼を提出]]。そこでは重陽やRienziらの綿密な調査によって、真珠王子のソックパペットである可能性が濃厚となった。しかしここで新世紀のウィキぺディアなる部外者が、突如出現して攪乱的な投稿ブロック依頼を提出したが、コメント依頼の参加者たちの不興を買って粛々と却下された。そしてその数日後には十分な合意を取った上でミランブラジルが再度依頼を提出し、着々と無期限票が積み重なり最終的に両アカウントは無期限ブロックされた。また甘薄荷の解除を主導したTriglavがどう行動するのか注目が集まったが、結局何の動きもなかった。なお「テレポちゃん」は2010年4月から使用されているアカウント。真珠だ真珠だと言われながらも決定的な証拠を掴めず、実に7年近くも野放しにされていた。

3月

自己紹介プロジェクト廃止 (3/1)
OhgiによるWikipedia‐ノート:自己紹介#廃止提案の結果、Template:Welcomeからは「トレーニングも兼ねて自己紹介をしてみましょう。」の一文が除去され、Wikipedia:自己紹介そのものも廃止された。
Akamaiserverブロック (3/1)
2016年の夏から活動していた極左利用者のAkamaiserverが、はるみエリーとの闘争の末に無期限ブロックとなった。そもそも15回目の編集で「公安崩れは大本営発表か?」と要約欄に書き込むなど、突き抜けた反日思想の片鱗を見せていたが、2017年に入ってから先鋭化した形である。既に1月から不適切な出典に基づいた編集による対立は起こっており、緊張状態が続いていた。そんな中で再び偏ったメディアに依った加筆を強行し、自分から対立利用者のノートに身勝手な挑発をかけるに及ぶと、遂にはるみエリーに目をつけられ開戦。イデオロギー対立が再燃するかに思われたが、Akamaiserverが極左に曲がり過ぎていたことや、左派の代表格のJapaneseAが少し前にはるみエリーが主導した右翼軍団の援護射撃によって窮地を脱した恩義からやや右寄りに回ったこと、管理者のアルトクールが侮辱されて怒り心頭だったことなどの様々な要因が重なって疑似的な左右共闘状態となり、無期限ブロックに沈められた。だがその直後に本スレにはAkamaiserverを名乗る名無し住民が降臨。所々に反日レスを交えながら、はるみエリーやアルトクールを口汚く罵り続け、そのまま常駐するようになった。また、表でもAkamaiserverと見られるIPが暴れまわっており、靴下も多数潜伏したままとされる。因みに、LTA:GORDONと同一人物と見る向きもある[8]
切干大根登場 (3/4~)
4日、切干大根なる利用者が登場した。彼/彼女は登場して早々にWikipedia:削除依頼/ポケットモンスター 金・銀の登場人物を提出。レスラーワンと壮絶な闘争を繰り広げることに。それのみならず、切干大根は酉付きでスレに常駐しだす。彼/彼女はいったい何者なのか?
目黒の隠居・連綿削除者落選 (3/17)
目黒の隠居巻き戻し者削除者に立候補した。それとほぼ同時に連綿も削除者に立候補。両者とも(疑惑の度合いに差はあれど)靴下疑惑がかけられていることから、jawpでは靴下しか権限持ちに立候補しない、世も末だなどと本スレでは囁かれた[9]。もちろん両者ともソックパペットだと確定しているわけではない。
目黒の隠居の削除者投票は、前半戦までにアイザールらの反対票計4票を受けつつも、有力執筆者を含む賛成票を着々と集め、(総票数の少ないときに投じられた反対以外においては)投票締切直前まで信任要件を満たし続けた。そのため、「このまま、まさかの削除者信任か?」と2chで騒がれ、信任まであと一歩のところまでいったが、適当な理由を付けた[10]Kkairriが締切7分50秒に、2ヶ月前に参加したばかりの新参者のおんおおが同5分33秒にそれぞれ反対票を投じ、結果信任率71.4%で不信任となった。クローズは新世紀のウィキぺディアによって行われたが、その際目黒の隠居は「[1](要約)」と表明するなど若干険悪なムードが漂った。なお、反対票を投じた、変な人ではない・市井の人にも2chではLTA:SHINJU疑惑が掛けられている[10]。どちらか片方でも反対票を投じなければ信任ライン75%ギリギリで信任された投票で反対票を投じた理由については、「(賛成ばかり投じられていた最初期の投票だから)信任されるとタカを括ってた」という意見がある[11]。連綿も賛成6票、反対7票の反対多数で呆気なく轟沈し、結局、この申請ラッシュは辛うじて目黒の隠居が巻き戻し者になったのみに留まった。
2017年3月政治大戦
ニュース女子戦争」が「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」「日本のヘイトスピーチ」「極左暴力集団」に飛び火。さらに、「Wikipedia:コメント依頼/JapaneseA 20170305」「Wikipedia:コメント依頼/Keisotyo」「Wikipedia:投稿ブロック依頼/ゴロンゴ」「Wikipedia:コメント依頼/RXX-7979ⅢとJapaneseA」と急速に戦線が拡大、さながら大戦状態に突入した。
第三次ヘッジファンドダイレクト炎上戦争 (3/21~4/21)
2016年の金融の専門家らによるヘッジファンドダイレクト、社長の高岡壮一郎の記事でのステマ活動は全ての靴下をブロックし、両記事をグループ記事のあゆみトラスト・グループにリダイレクトすることで終焉していた。この騒動は2016年の10大ニュースのトップを飾ってさんざん笑いものになり、Google検索上位にも表示されていたため、さすがにもう奴らも同じことはしないだろうと考えられていた。だかしかし、彼らにそんな常識など存在しなかった。3月21日からToriaezがあゆみトラストグループで、3月24日から白書伯爵がフィンテックで前回の騒動と全く同じ行動を繰り返し、はるみエリーとバトルを繰り広げる。スレではよほど経営が厳しいのかと驚きをもって迎えられ、以前ヘッジファンドダイレクトの公式サイトにあった用語の間違いで2016年の炎上で指摘されたものが修正されていることも報告され、「wikipediaの論争に関与してた可能性を自ら高めるとは…」と冷笑を誘った。24日に両方とも金融の専門家の靴下としてMaximusM4が無期限ブロック。そのあとも同じ主張をするIPが現れたり、ジャム・パンナがToriaezを管理者に報告した1分後に作られた復讐用アカウントが村田マリの記事でジャム・パンナに絡んでいたりしたが、巻島によってことごとくブロックされた。その後井戸端で「ブロック破りの「模倣」認定されて、管理者からブロックされる事象について」という質問をし、Honeplusの「一般社会でも、突然関係ない人物が紛糾する議論にしゃしゃり出てきたら、なんだこいつと疑いますよね?他の議論参加者に信用して頂くためには、まず普通に活動することが第一かと」という忠告を悪い方向に生かし、次なる靴下で「ヘッジファンドダイレクトの前身のアブラハム・プライベートバンクが受けた行政処分が不当に重いものだった」とアピールしたりする独自研究100%の記事を作成、悪玉垢と善玉垢に別れての小芝居も繰り広げたものの、スレではバレバレでありはるみエリーにハチの巣にされた挙句、MaximusM4に全てブロックされた。また次々と靴下が湧いてくることが懸念されるが、言動に特徴があり一目瞭然であるため、もはや戦争というよりただの害虫駆除である。また、第三者を装うための他の記事の編集傾向(三井物産の関係人物の加筆など)から、逆に本体が社長である疑惑も高まった。悪質さが増していること、2010年頃から活動しているのではという指摘もあり、4月17日にはLTA:FINANCEとしてついにLTAに認定された。そして4月21日の「望月夜」垢での活動を以って、一応は終息の目を見た。当時の本スレでは靴下がふさがれる度にはるみエリーへのバッシングが行われ、決まって「金融の専門家乙」と揶揄されていた。

4月

Vigorous actionウィキブレイク (4/6~9/5)
元管理者のVigorous actionが前月6日を最後に長期のウィキブレイクを取った。
Fusianasan1350ウィキブレイク (4/16~4/24)
相葉事変、大山宣伝事件、ニュース女子戦争など2017年に入り何かと色々な所に顔を出していたFusianasan1350、Wikipedia:コメント依頼/Onemanshowとレーヴェの提出中に滋賀県SANNETの急襲を受け、あえなくパンク。ウィキブレイクに突入した。本スレでは「誰か1人でもブロックしてから力尽きろ」との意見も。SANNET以外はどのみちブロックされそうだが。しかし、わずか1週間後にソニー・ビーン等の編集でWikipediaに帰還すると、滋賀県SANNETの不用意な編集を巡り会話ページで揚げ足を取り再起不能に追い込み、コメント依頼もクローズした。一連のウィキブレイク自体が滋賀県SANNETへの巨大な釣り針だったのかも知れない。
那覇市内交差点記事存廃問題 (4/11~6/11)
ベテラン削除自警として知られるKAMUIが、すべての交差点記事は撲滅せねばならぬと思い立ったのか、「Wikipedia:削除依頼/那覇市の交差点記事」を提出。プロジェクトの合意を理由に9つの交差点を一気にまとめて削除依頼にかけた。KAMUIの思惑に反して、Takisaw、Hman、Keisotyo、Kojidoi、切干大根、Muyo、Halowand、Alice OPP といった個性的なアカウントが続々と集結。大して票も入っていないのにかかわらず、そもそも沖縄についての一定の知識があると見込まれる利用者が一人しか参加しておらず[12]、コメントが肥大化して18KBを超えるなどgdgdな状況に。なおKAMUIは同日となる4/11に、Wikipedia:削除依頼/沖縄県の交差点記事 その1で11件、Wikipedia:削除依頼/沖縄県の交差点記事 その2で12件(コザ十字路を含む)、Wikipedia:削除依頼/沖縄県の交差点記事 その3で12件、Wikipedia:削除依頼/沖縄県の交差点記事 その4で2件、冒頭の那覇の記事も合わせると実に46件もの記事の削除依頼を提出。もちろんこれだけの件数について限られた時間で調査・加筆を行う事は、2017年現在のjawpの人的資源から言って不可能に近い。結局6月11日には削除者のぱたごんが登場して全依頼を終了、一部は存続となるもその大半の記事が削除の運命を辿った。
Damena自動退任危機 (4/18)
カウントダウンに沸く「東京ゲームショウ」のステージ
1月20日に即時削除について不適切な権限行使があったとして、会話ページでChiba ryoから「これは失当ではないでしょうか」と指摘され、自身へのコメント依頼の提出から間もないのも関係してか、それ以来ぱったりと姿を消してしまったDamena。しかしとうとう自動退任が秒読み状態に入ってしまい、自動退任となればjawpの管理者が46人にまで減ってしまうところだったが、自動退任の49時間前のタイミングで「ウィキブレイクのお知らせ」と称し、自身の利用者ページに{{Wikibreak}}を張り付ける編集を行って難を逃れた。
蓮池騒動 (4/21~4/22)
21日、「とに」なる利用者が「蓮池」という曖昧さ回避に削除依頼を提出。存続票を投じたKAMUIへの当てつけとして、彼の作った記事「蓮池 (出雲市)」に削除票を投下するという暴挙に出る。ベテラン削除自警の作った記事が削除依頼にかけられるという、ある意味珍しい光景が見られた。最終的に柒月例祭が蓮池 (ほにゃらら)という地名記事を大量に作り、曖昧さ回避は存続となった。その後、MaximusM4から1週間のブロックを受けたとには「依頼により多数の有用な記事が出来上がっています。そういう効果も狙っています」と開き直り、ブチ切れたMaimusM4によって暫定無期限ブロック&追認依頼のコンボを喰らって無期限ブロックに葬られた。
野間易通宣伝問題 (4/19~4/30)
C.R.A.C.こと対レイシスト行動集団の代表・野間易通氏は、2006年にjawpでのアカウントを作成以降長い間活動が無く、2014年に突如動き出すも自身の記事野間易通対レイシスト行動集団など自身が関わる記事において方針無理解に基づく編集を繰り返した。そして2017年4月にまたしても登場し、編集合戦まで始めてアルトクールに短期ブロックを喰らい、ぽてから軍団のぽてからとRXX-7979Ⅲにマークされるようになる。そして22日には肉欲獣なる利用者によってWikipedia:投稿ブロック依頼/野間易通が提出されるも、依頼内容自体が不適切との意見が集まり紛糾、最終的には反対票が多数集まりブロックは免れた。ちなみにこの時依頼のノートではKojidoi・Keisotyoとはるみエリー・RXX-7979Ⅲが激突、これが後のKojidoi失踪に繋がることとなる。

5月

「季節の画像」廃止へ (5/3)
メインページの右隅にある「風物詩」。ここに表示される「季節の画像」は、あまり知られていないが、Halowandが運営する「Wikipedia:季節の画像投票所」の結果によって選ばれてきた。しかし投票所は1年以上ほぼHalowand以外の人物は現れず、やっと他の利用者が来たと思ったら、推薦された画像に「JPOVではないか?」とコメントをつけるだけのIPユーザーだった。なお、これに悪ノリしたTriglavも「ヒンドゥー教POVではないか?」などというコメントを残しているが…。結局、更新に疲弊したHalowandが廃止を提案。しかし廃止自体が本スレでもほとんど話題になっていない。
Mirinanoグローバル巻き戻し者落選 (5/9)
6日、Mirinanoが何を思ったのか、根回しなしにメタウィキペディアでAbuse filter helper(不正利用フィルター閲覧者)に立候補。当初こそ無風当選すると思われたが、Infinite0694による反対票が入ったのをきっかけにあっという間にOpposeの嵐が[13]。当該ページではYassieによる

Strongly Oppose: not experienced enough even in home wiki, let alone in other wikis. In addition, s/he is a person who just keeps seeking adminship of any kind, rather than contributing productively, e.g. writing articles, uploading images, etc. [14]
(参考訳)強く反対: 他ウィキはおろか、ホームウィキ(翻訳者注: 主な活動ウィキ、ここではjawp)ですら十分な経験を積んでいない。加えて、彼/彼女は執筆・画像アップロードなどの生産的な貢献をするというよりかは、あらゆる種類の権限を追い求めるだけの人物である。

Crystal Clear app personal.png
などというあまりにも正鵠を射たコメントが炸裂するなど、彼がウィキペディア日本語版で何の貢献もせずに管理者権限を申請ばかりしていることが赤裸々に綴られた。ミリナノバカナノ[15]
また、Metaにおける反対者の中には、Mirahezeの複数のwikiでBCなどを務めている人物がおり、Mirinanoの立候補直後に当wikiまで視察に来ていたと思われる記録も残っている。終いには捨て垢によって当該ページからこのwikiのMirinanoの記事へのリンクが張られると言う意味不明な事態まで発生。結果は単純計算では賛成2(いせちかと推測される捨て垢と連綿)、反対8(jawpからは6人が参戦、うち1つは捨て垢[16])、と言った票となり、結局2017年5月9日、日本時間の夕方、Metaのスチュワードによって見送りとされた。後日、jawp史上最年少で管理者になったHalowandからは、「記事も書かずに権限を得ようとするな」(意訳)と苦言を呈されている。</ref>。
Sinhako管理者落選 (5/10)
創価学会・池田大作名誉会長(2010年)
創価学会員を自称して憚らないSinhako(2016年5月~)が管理者に立候補。当時の現役管理者であるrxyのbot申請を除けば、2016年02月10日に行われたOhgi以来のRfAとなる。しかし質疑応答では、一般利用者と管理者との違いは?との問いに対し「一般利用者との違いは特権が存在するかしないかです」と答えるなど2問目で早くも撃沈。他にも「管理者資格がなければ保護されたページの編集ができない」などと保護の方針を理解していないことも露呈。その後はコメント欄で創価学会関連記事での暴言を指摘され、方針とかライセンスの無理解を指摘され、サンドボックスの履歴不継承記事を何とかしてからにしろ、管理者以前に一利用者として問題があるとまで言われ、コメント依頼も同然の状態となってボコボコにされた末に賛成0票:反対23票と満場一致で不信任となった。
レスラーワントコロテン射精問題 (5/21)
当日の編集履歴のSS
5月21日、2ちゃんねるの本スレ、【百科事典】ウィキペディア第1864刷【Wikipedia】において、ポケモン自警で知られる利用者「レスラーワン」の当日の編集履歴が、アカネ、ところてん、射精、切り干し大根、となっていることが発覚。このメッセージは何を意味しているのか。彼のダイイング・メッセージなのだろうか。
伊佐坂安物削除者就任 (6/4)
次世代の管理者として期待されていた伊佐坂安物が、とりあえずW.CCの推薦によって削除者に立候補。前評判どおり賛成28の全会一致で信任された。「月数回程度でもお手伝いいただけるなら非常に大きな戦力となります」などといった甘い言葉で口説かれ、 W.CCの必死かつ上げ膳据え膳でようやく実現した立候補であった[17]。なお伊佐坂安物の信任によりこの時点でjawpの削除者は4名となったが、馬屋橋を除いたぱたごんKarasunoko、そして伊佐坂安物の3名は、全て2017年に信任されている。
Mirinano巻き戻し者模倣問題 (5/28~6/4)
28日に2ちゃんねるの本スレにて、モグリの巻き戻し者を密告する者が現れた。Mirinanoが無資格ながら要約欄に「巻き戻し」を使用して巻き戻し者ごっこを楽しんでいたのだ。本人の会話ページでもIPユーザーが突撃して、事態を明るみにした。しかしそれに対する回答がお粗末すぎたため、パトロール中に発見した多摩に暇人が職務質問を行った。この段階でごめんなさいすればよかったものの、何をトチ狂ったのか「荒らし以外に巻き戻し機能使用禁止となると不都合が生じるでしょう」と独自のルールを開陳してしまい、そこでMirinanoが持ち出した「グローバル巻き戻し者」に反応したInfinite0694も参戦。にも関わらず「荒し以外使ってはいけないと制限しない方が良い」と、かつてMarine-BlueやInfnite0694が行った例外処理を基に独自ルールを提言。聞く耳を持たないMirinanoに対し多摩に暇人は「あまりにも低質な意識過ぎて正直あきれているとまで語り、そしてまさかのYassie利用者‐会話:Mirinano#ものすごく基本的な事項に関する質問に節分けして参戦。「いたずらに各種権限を欲したり、要約欄で巻き戻し者/管理者ぶってみたりする」などとMirinanoの日頃の行いを断罪する。それに激昂したMirinanoが「撤回を求めます」「妄言を吐かれた」と抗議し事態は泥沼へ。MaximusM4も加戦し苦言を呈し、Mirinanoのjawp人生最大のピンチが訪れる。しかしこれは、さらなる波乱の幕開けにすぎなかった。

6月

Cpro管理者辞任 (6/1)
10年に渡り管理者を続けてきたCproが30日に管理者辞任を表明[18]。24時間後にこれが可決され管理者を勇退した。これと同時にインターフェイス編集者に立候補したが、ノートでは投票は不要ではないかとの意見が多数寄せられ、結果無投票で信任された。これによりjawpの管理者は46名へと減少した。
Yqmブロック (6/7)
生体Botでお馴染みのYqmが、Marine-BlueによりWP:SCRUTINYとして無期限ブロックに処される。ほぼ同時にブロックされた中華プロキシ使用による監視逃れか。というか編集傾向の一致だけで十分いけてる。
Marine-Blue管理者辞任 (6/9)
2008年6月より約9年間に渡り管理者(途中からチェックユーザー・オーバーサイトを兼任)として活動していたMarine-Blueが、8日jawpを含む複数のウィキメディアプロジェクトにおける全ての権限の返上を表明、9日にはフラグが除去された。最期の権限執行はYqmの処刑となり、最後の最後まで管理者の職務を全うした形となった。これによりjawpの管理者は45名へと減少した。この辞任は事前に予告されていたことであったが、本人曰く、「勇退ではない。始まりのための終わりだ!」とのこと[19]
Mirinano訳語無断変更問題 (6/11~6/23)
1週間前も炎上したMirinanoであるが、translatewikiでCheckuserの訳語を「利用者調査」から「チェックユーザー」に無断変更したことで再びYassieやrxyに追及され炎上する。さらにぱたごんやHmanまで…。

くれぐれも MediaWiki のインターフェイスメッセージ関係、ドキュメント翻訳関係、JavaScript, CSS 関係には一切手を出さないでいただきたく思います。--rxy(会話) 2017年6月11日 (日) 01:52 (UTC) [20]

Crystal Clear app personal.png

660 名無しの愉しみ 2017/06/11(日) 13:42:36.37 ID:???
>>658
えっ、だって私は古参じゃないので、慇懃に書かないと暴言でブロックされちゃうじゃないですか!><
これ以上解りやすくって、「ガキはガキらしく部屋の隅でガタガタ震えてなさい><」としか書けませんよ![21]

Crystal Clear app personal.png
ツバルブロック (6/16)
昨年のグルジア・ジョージア改名戦争をはじめ力強い議論進行で知られたツバル。あまりに力強い議論進行で各所を混乱させ、ついに切れたiwaimやXx kyousuke xxらの手によってRFBの末始末されることとなった。さらにブロック後も会話ページで暴れ、8月には会話ページまでもが封鎖されてしまった。
Kojidoiウィキブレイク (6/20)
先の野間易通宣伝問題をきっかけとして、あまりもひどい暴言を理由にはるみエリーKojidoiコメント依頼を提出。早々に森藍亭JapaneseAAshtrayらが相も変わらずの姿勢で擁護派として参戦して議論攪乱、ぽてからやRXX-7979Ⅲなどのぽてから軍団構成員達も相も変わらず糾弾派で参戦して暴れ、IPや捨て垢も加わり危険水域へと突入。当のKojidoiは「暴言の基準を示せ」、「暴言扱いは言葉狩りだ」「Yqmに文句を言われる筋合いはない」「姿勢を修正することは200%ない[22]と抵抗するが、そこにYqmがKojidoiの45件にもおよぶ5年分の暴言の数々を並べ上げ、これに対しKojidoiは「すべてきちんと説明可能」と見得を切るも、その後3週間に渡って音沙汰が途絶えた。
このまま鎮火するかと思われた5月28日にKojidoiが編集を再開すると、30日にはHmanがRFBをちらつかせつつ改めて回答を要求して完全に退路を塞ぎにかかった。これに対してKojidoiは個人攻撃を交えつつ反駁し、同時に何故かKeisotyoもJapaneseAの会話ページでHmanに個人攻撃を行い、さらにAshtrayやJapaneseAもKojidoiの擁護に回って徹底抗戦。ところが「すべてきちんと説明可能」と言ったにも拘わらず、4日にはKojidoiが説明を求めた利用者らに対し「強要罪だ!」と息巻き、多摩に暇人目黒の隠居など新たに参加した複数の利用者がKojidoiを諫めるコメントを投下する事態となった。その中にはKojidoiの行為はjawpで禁止されている「法的脅迫」に該当するとの見解も見られ、あまりの事態にみしまるももに続きAshtrayまでが自重を求めるまともなコメントを言い始めた。そしてこれに応じて6日にはKojidoiが謝罪し、事態の収束に一筋の光明が見えた…と思われた。しかし12日から13日にはJapaneseAやAshtrayがぱたごんや多摩に暇人に「揚げ足取りばかり」と叱られ、14日にはMaximusM4Sumaru辛辣なコメントを投下。そしてKojidoiは18日~20日にKeisotyoの会話ページで短いやり取りを交わして、『「誤解」を解く意欲も「向き合う」気力も完全に潰えた』ことを言い明かすと共にKeisotyoへの感謝を残し、そのまま姿を消した。
Good2016heyブロック (6/26)
気の至り自警のGood2016heyが満場一致で無期限ブロックとなり終了。Mirinanoの影に隠れて、Bellcricketによってブロックが執行された。JapaneseAは最後まで「だぶるすてち[ママ]」との関係性を主張していたが、結局真珠との関係性が明かされないままに成仏していった。果たして彼はだぶるすてっちの生まれ変わりだったのだろうか。

7月

ジャコウネズミブロック (7/3)
ジャコウネズミが激論の末無期限ブロックに。詳細は当該項目を参照。
Shigeru-a24復活 (7/7)
2014年7月3日から3年間のブロックを受け、引退を表明していたShigeru-a24のブロックが自動解除され、7/7に復帰を宣言した。この直前からトリップ付きで本スレに入り浸っており、3年間のブロックの間には「トコロテン射精シゲル」として本スレなどで継続的に勇名を馳せていた。
Kiyok管理者自動退任 (7/12)
2008年に同じ愛知県民の管理者・おはぐろ蜻蛉の推薦で就任した愛知県民管理者Kiyok。2012年以降は権限行使のまったくない典型的な幽霊管理者だったが、ついに編集も行わなくなり自動退任。これによりjawpの管理者数は44名へと減少した。
Damena管理者自動退任 (7/18)
前回は4月18日にちゃっかりTomosったものの、再び編集も権限行使も途絶えていたDamenaであったが、今回は潔くTomosらずに期限が過ぎたため、とうとう管理者自動退任の対象となった。直後にネイによるjawpでの、続くrxyによるmetaでの報告がされたため速やかに権限は除去された[23]。これによりjawpの管理者は43名へと減少した。
ぱたごん・Infinite0694管理者就任 (7/29)

詳細は「ぱたごん・Infinite0694ダブルRfA」を参照

3日前に削除者を辞任したばかりのぱたごん多摩に暇人の勧めで管理者に立候補。それから6時間後にInfinite0694管理者に立候補。好き嫌いやアレルギーのある人には選べるメニューとなった?結果揃って当選、これにより管理者は45人にまで回復した。
Shigeru-a24ブロック (7/30)
ブロック明け以降スレでもフル稼働をはじめたShigeru-a24であったが、直後から監視のきつい周囲の目線に馴染めず他の利用者と衝突気味となる。ついにはノート:美鈴が丘 (広島市)本人の会話ページで注意を受けたTiyoringoに対し、管理者伝言板で報復報告を行う。見るに見かねたYassieの手により、23日に3年以上の再ブロックを主張するWikipedia:投稿ブロック依頼/Shigeru-a24 07232017[24]が提出された。本スレでは議論からの撤退と自粛を求める説得なども見られたが、途中から無期限ブロック票が殺到すると利用者ページで逆ギレに満ちた約46KBの大演説と共に「最終引退」宣言。コミュニティを呆れさせて無期限ブロックに沈んだ。前回の3年ブロックの解除からわずか23日の生命であった。

8月

Dr jimmyの奇妙な暴走 (8/2 - )
ここ最近サブカル記事の分割提案を阻止することに執心していたDr jimmy。彼の反対により分割をあきらめた記事は数多い。(どうでもいいことを書き連ねて肥大化した記事で分割提案が出ることも多いので反対はそれなりに妥当だったりする)7月、「アイドルマスター シンデレラガールズ」でスピンオフ漫画の「シンデレラガールズ劇場」の分割提案が出ると、jimmyはいつものごとく「特筆性がない」「独立記事作成の目安を満たしていない」と反対する。しかし8月にIP利用者やツーリンたちの合意で分割されると「合意形成のない分割を強行した」と激怒。分割された記事を数度にわたって差し戻し、分割提案の報告を取り消すという行動に出る。これに対しツーリンが「もう結審してるのに、ジミー君って本当に聞き分けのない子供みたいな人ですね」と煽ったためなのか、jimmyは「合意なき分割」を主張し、テコでも動かない状態になってしまった。ツーリンはじめSusuka、伊佐坂安物、Knoppyも駆け付け、何とか建設的な議論をしようと試みるも、jimmyの頑なな態度は変わらず、コメント依頼を「事実と完全に異なる記載」として一部コメントアウトするなど膠着状態となる。この事態にいつもはTwitterでjimmyをdisっていたSanjoまで登場。10月時点では差し戻された本記事と分割記事が共存するという状態で、このまま動きがなければjimmyによって議論終了が宣言され、分割記事は除去されるとみられるが果たして。
Keisotyoブロック回避 (8/19)
6月末ごろからWikipedia:コメント依頼/Keisotyoなどでお騒がせであったKeisotyoであったが、4日には「屈曲位」の記事で起こった衝突[25]から、対立相手のKajsnsjfuhejujejkjsによって投稿ブロック依頼が提出された。このトラブルはKajsnsjfuhejujejkjsによる無出典記述への対応が悉くKeisotyoによって差し戻されたというものであり、当初は依頼内容が簡潔すぎることやKajsnsjfuhejujejkjs側にも拙さがあったことから賛成票は集まらなかったが、しかしはるみエリーが賛成票を投じると、その約3時間後にKeisotyoは依頼のノートにて反省皆無であることを表明、これが強い反感を呼んだのか事態は一変。論点はKeisotyoのこれまでの言行および今後の改善の可能性についてに移行しらHmanAlice OPPAiwokusaiBaledeparseミランブラジルの5人が次々と無期限ブロック票を投じ、対立することが多かったものの当初は依頼不備と見て反対票を入れていたぽてからも票を取り消した。うはああ! 反対票を投じたのはわずか2名。初期に「この程度でブロックには至らない」と述べたJapaneseA、「Keisotyoはjawp指折りの執筆者であるから」と執筆力至上主義の立場をとった執筆者のtottiのみ。賛成優勢でブロックは免れがたいように見えた。しかし直後にKeisotyoが「ここまで述べた内容について取り消す気はない」(!?)と前置きしつつも「姿勢と態度に問題を抱えていたことは改めて確認したつもり」と語ったため温情票が続き、勢いそのままにアイザールが見送りを決定した。
赤の旋律管理者復帰 (8/26)
2015年に自動退任していた赤の旋律が、管理者不足を見かねて3度目の立候補。賛成34票のみの全会一致で再任された。

9月

Mirinanoブロック (9/4)

詳細は「2017年夏Mirinano危機」を参照

「またかよ」が多過ぎて本wikiでも逐一取り上げるのが躊躇われたMirinano騒動であったが、利用者‐会話:Mirinano#METAでの翻訳活動についてでのやり取りを発端として、ついにWikipedia:コメント依頼/Mirinano 20170624が提出された。Mirinanoは自ら長期間の謹慎(1年から3年)の約束を申し出たが、論点は活動制限をコミュニティの意思により強制的に行うべきか、自主的に行うとの約束が信用に値するのかという段階に入る。その後はInfinite0694の勧めでen:Monkey Gone to Heavenの翻訳を進め、7月30日にはついに作業場にその成果を発表するが、直後に雲霞にGoogle翻訳を流用した疑いを指摘される。これに対するMirinanoの説明を受けてYassieWikipedia:投稿ブロック依頼/Mirinano 07302017[24]を提出し、その説明が適切な範囲であったかやその前後の経緯も含めて審議が行われた。そして結果、アルトクールの裁定により、依頼者のYassieの求刑通りの2年間のブロックが確定した。
RJANKAブロック (9/11)
2007年3月から10年以上に渡って活動し、ポータルの更新などを中心に29000回以上の編集回数を誇った自警・RJANKAが、検証可能性の無視や書きたい事を書くといった加筆姿勢、履歴継承違反などの著作権侵害や誤訳記事の濫造、さらにはこれらの問題に真摯に向き合おうとしない対話姿勢を問題視され、Sumaru風呂を炊かれて11日に無期限ブロックが決定。ブロック後もこの調子なので、普通に考えればブロックもやむを得なかったようだ。
Ktp625管理者落選 (9/25)
主に海外サッカー記事などを執筆していたKtp625が、管理者に立候補した。しかしサブページを作成しただけで、ポータルページへの告知を忘れ、それを指摘されると、ビューロクラット候補に書き込んでしまう など初手から危うさが目立った。質疑では管理系に関わった経験がないことを詰められるが、見かねたPurple Quartzから会話ページで立候補取り下げを勧められ、28日に突如ページを白紙化立候補辞退を宣言。アルトクールによって終了宣言がなされた。
AbemaTV「極楽とんぼKAKERUTV」番組からのおバカ写真投下
AbemaTVの「極楽とんぼKAKERUTV」という番組の「芸人&グラドルが体を張って過激写真を撮りまくり、 Wikipediaにおバカでセクシーな写真を提供する、前代未聞の新企画! 」により、wikipediaに適切とは思えない画像が複数掲載された。これに切れた新管理人ぱたごんWikipedia:コメント依頼/KAKERUTVを提出した。「貴重な芸能人の著作権フリーの素材である」として評価する声もあったが、「本当に著作権フリーという事を理解してるやら」という意見や、中には「問題を起こした芸能人の芸能界復帰を目的としたwikipediaの目的外使用では」といった深読みしすぎ!!な意見[26]もあった。

10月

Dr jimmyの奇妙な暴走 完結編 (10/9 - 10/23)
Dr jimmyの反対で存続が危ぶまれていたシンデレラガールズ劇場。10月、2期アニメが始まると次々加筆されるが、10月9日、jimmyはこれをひとつひとつ取り消し=加筆した利用者に通知を飛ばして牽制。この行為に ノート:アイドルマスター シンデレラガールズ‎ではSanjoが激おこ、新幹線、組曲師も苦言を呈する。事情を知らず加筆を消されたこんせが質問すると、jimmyは合意なき分割が原因として数日中にリダイレクト化すると宣言。しかし、シンデレラガールズ劇場に保護依頼が出され、伊佐坂安物が雑誌出典を持ち出すとトーンダウン。「(出典を)責任もって記事中に組み込むと表明していただければ、これ以上、私からは分割に反対する理由はなくなります」と豹変し、記事から姿を消す。組曲師が出典を組み込むと、22日、分割を主導したIP利用者が3日待って反対がなければ分割と提案。翌日23日、jimmyは反対意見を取り下げ、3か月にわたった騒動はようやく幕引きとなった。jimmyは「加筆していただいた伊佐坂安物さん、組曲師さんご両名には深く感謝いたします」と謝辞を述べるも「反対意見を無視したまま分割を強行することは今後も許されません。もし次にそのようなことが行われた場合には、断固たる態度で対応をいたします。特に依頼者には強く申し付けておきます」と提案者に対ししっかり警告した。なお、分割を行ったIP利用者が24日、Wikipedia:コメント依頼/Dr jimmy 20171024‎を提出したが「Dr jimmy氏の反対理由は極めて妥当です(EULE)」「(IP氏は)自らの言動に問題が無かったのか、考えてみるべき(Ashtray)」「本依頼は極めて不適切な偏った依頼(Aiwokusai)」と冷静な擁護が寄せられた。
Triglav、管理者解任(10/15 - 11/5)
利用者:KAKERUTVの画像を巡ってTriglavが3RR違反、ふざけた発言等が問題視され、Wikipedia:コメント依頼/Triglav 20171016を経て、Wikipedia:管理者解任の投票/Triglav 20171020が提出された。結果は賛成31/反対22/無効2で解任確定、11月5日、管理者、ビューロクラット、チェックユーザー権限が除去された。

11月

Moon.rise、管理者に立候補 (10/31 - 11/4)
Triglav解任を受けてMoon.rise管理者に立候補する。質疑では長文の回答を投下。しかし、会話ページで荒らしに構ったことがrxyらから問題視され、賛成票は最低票数10票に満たない8票に終わり、信任見送りとなった。
Y-dash、チェックユーザーに就任(11/15 - 11/29)
管理者のY-dashがチェックユーザーに立候補。賛成46票、反対票無しで信任された。

12月

Kaijooo、削除者に立候補→取り下げ(12/5 - 12/6)
モバイル編集の経験しかないKaijoooが「新たなステップアップ」として削除者に立候補。質疑では管理系の経験がないことや、過去の著作権侵害についての釈明を求められるも、要領を得ない答えで徐々に追い詰められる。軽快に立候補取り下げを勧められ、あっさり応じた。

主なブロックされた利用者

利用者名 概要
テレポちゃん・甘薄荷 LTA:SHINJUとして、両者ともに無期限ブロック。テレボちゃんについては、7年近く生き延びてきたことが特筆されるかもしれない。甘薄荷は、裁量無期限ブロックが一度解除されていたが、再入獄。
Kurirai1 ほんのわずか、作中に登場しただけという理由で「兵器の登場作品節」を書き埋めていく利用者だったが、4年の時を経てようやく無期限ブロック。
ZairanTD 日本語文化を大切にしているらしい利用者で、横文字を漢語・和語に書き改めてきた。本当の日本語の奥深さを知ることはなかった模様。無期限ブロック。
Poohpooh817 10年選手だったが、さかおりの自信作「信玄公旗掛松事件」に難癖をつけたことが一巻の終わり。これ以前にも話にならない話し合いを展開してきたこともあるようで、方針無理解として、無期限ブロックの措置が下った。
とに WP:FAILNはガイドラインだから従わなくてもいいだの、ダブスタはよくあることだのと宣い、その態度も見直す気もなかったため、MaximusM4によって裁量無期風呂。その後の追認依頼で無事追認された。「10年選手だから方針理解度が高い」は必ずしも真でないことが浮き彫りとなった。
コネ WP:TVWATCHな編集を行い、他社から注意されても碌な返答を寄越さなかった。2017年に入ってからは拍車をかけるようにその姿勢は悪化し、無期限ブロック。こんなのが2004年からいるわけだから侮れない。
ツバル 低質な議論参加が問題となり、無期限ブロックとなる。なお、無期風呂後の解除依頼乱発とその対話姿勢が問題視され、会話ページのブロックも実施された
Chiyoda15 一度1か月のブロックが下ったが、そこで問題となった利用者へのストーカー行為が改善されず、無期限ブロックとなった。
Good2016hey 削除系での低質な管理行為により、無期限ブロックとなった。以前にチャンスを貰ったはずだったが、改善には至らなかったようだ。
ジャコウネズミ 自身の政治信条に基づく偏った編集態度が著しかったため、無期限ブロック。なお、風呂依頼では、ぽてから、Baledeparse、はるみエリーと、どこかで見たことのある面々も参加した。
氷山樹果 無出典加筆の注意を受けた際、平仮名で攻撃するなどの問題行動が見られ、風呂が焚かれてしまう。無期限ブロック。
Shigeru-a24 2014年に下されたブロック3年を満了し、出所した。が、投じ指摘されていた問題点が解消されることなく、再発してしまったため、今度は無期限。
Mirinano 去年の削除者立候補での逆切れに始まり、2017年は説明責任の不履行が目立った。2019年8月31日(約2年)のブロックとなった。

詳細は「2017年夏Mirinano危機」を参照

Syun respect for music 仇敵Chiyoda15が無期風呂の沼に沈んだ後も、著作権侵害・出典明記義務違反・個人攻撃など複数の問題が後を引き、満場一致の無期風呂措置。
創造院 コミュニティの総意を無視した風呂焚きの罪でMaximusM4 によって、「目的外利用: WP:MEATの疑いも否定せず」として裁量無期限ブロック。しかし、一般的な記事も書いてきた当アカウントを、コミュニティに諮らず、無期限のブロックを与えるのはまずくないかということで追認依頼が出た。その後、当該ブロックを行ったMaximusM4から適切な説明が受けられたこともあり、無期限ブロックは追認された。
RJANKA 10年選手ではあるが、TVWATCH的編集やそれらに関連する対話拒否のため、Sumaruに風呂依頼を提出された。無期限。
Baledeparse はるみエリーの靴下である可能性が浮上し、Baledeparse・はるみエリー両2名に対する無期限ブロック依頼が出た。Baledeparseについては靴下であったとしてもなかったとしても不適切ということで無期限ブロックとなっている。

脚注

  1. ^ 個別記事を参照されたいが、感謝や巡回記録は残っていて、ウィキペディアにアクセスしなかった日はなかったと想われる。
  2. ^ 新年から当日まで、早くも計3件の貼り付け。
  3. ^ http://www.sankei.com/politics/news/160323/plt1603230006-n1.html
  4. ^ 参考URL: Wikipedia:削除依頼/鳴瀧流古武術での対立、Bellcricketの会話ページでのぱたごんの指摘
  5. ^ 当時の段階では既に管理者への立候補も視野に入れていると話していた
  6. ^ 「長くてすみません」と本人も述べている。
  7. ^ 依頼がクローズされないまま「現実世界での多忙」により柒月例祭は短期のブレイクに入った。4月中旬から活動を再開したが、5月31日現在この件に関して追加の反応はない。
  8. ^ 【百科事典】ウィキペディア第1837版【Wikipedia】の>>255
  9. ^ 【百科事典】ウィキペディア第1838版【Wikipedia】の>>408
  10. ^ a b 【百科事典】ウィキペディア第1841版【Wikipedia】の>>447 - 2ch
  11. ^ 【百科事典】ウィキペディア第1841版【Wikipedia】の>>441 - 2ch
  12. ^ Hmanのこと。そして依頼提出時点で既に沖縄には居住していないのでリライトもできない。
  13. ^ どこぞのスレやtwitterなどで立候補の事実が拡散されたのだろうか?
  14. ^ Difference between revisions of "Steward requests/Global permissions"
  15. ^ ミリナノバカナノ - Google 検索
  16. ^ Infinite0694YassieHman、市井の人、切干大根、信任むりなの(jawpではブロック済みの捨て垢)
  17. ^ ちなみにそのW.CCは 遡雨祈胡高木あゆみにも管理者立候補を打診したのだが、残念ながら断られてしまったようだ。
  18. ^ メタへの退任申請から通常は24時間は保留される。メタでの申請はこちら
  19. ^ 2017/5/29の本人のTweet および 6/1の本人のTweetによる。
  20. ^ 利用者‐会話:Mirinano#translatewiki.netでのCheckUser訳語の変更についてdiff=64408088
  21. ^ 【百科事典】ウィキペディア第1873刷【Wikipedia】の>>660。Hmanなの・・・か?
  22. ^ ウィキペディアは戦場ではありません、とたしなめたRXX-7979Ⅲに対して。
  23. ^ 利用者‐会話:Damena#管理者自動退任手続き開始のお知らせ
  24. ^ a b Yassieの大好きなアメリカ式?の年月日倒置記法。julyと書かなかっただけ、まだ自重したのかも。
  25. ^ Keisotyoは利用者名変更前の「Ks」時代から、この記事に関わっている。
  26. ^ さ〇ぼー先生ツイッター発言より