龍伯

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
2018年7月6日 (金) 23:36時点における賢者タイム (ノート | 投稿記録)による版 (Wikipediaの利用者/らから分割、一旦「来歴・人物」節に転記、誤リンク修正、内部リンク追加。定義・基礎情報等、加筆の上で立項)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
龍伯りゅうはく
旧世界の滅亡
旧世界の滅亡
愛称・別称 龍ちゃん
在住 日本 日本福岡県[1]
活動期間 2006年12月17日 - 2016年7月10日(以降利用者ページの更新のみ)
主な活動分野 翻訳(米国の歴史・地理・人物など)

龍伯(りゅうはく)は、ウィキペディア日本語版の利用者。執筆者。後述のとおり2016年に自身の翻訳に関する瑕疵が判明。ところが対話拒否の姿勢を貫いたため、コメント依頼や投稿ブロック依頼にまで発展。結果として「精神的な重圧に耐えられなくなった」との理由により、2016年7月をもって事実上の引退宣言をした[2]

Wikipedia 10大ニュース 2016年#龍伯引退 (7/10)」も参照

来歴・人物

主にアメリカ合衆国の地理記事関連の良翻訳者。GAは10本、月間新記事は数知れず。軽快が作成した「jawp新着記事執筆者ランキング[3]」によると、2018年3月26日時点で新着記事への掲載本数は980本であり、2位に3倍近い差をつけてぶりっちぎの第1位である。ハイペースで翻訳記事を作成する強者である。…が、中には珍妙な訳語も少なくなく、スレでは多作ではあっても優良とはされない。そして2016年、生物分野の記事である「エバーグレーズの外来種の一覧」に手を出したのが運の尽き。「旧世界登りツタ」といった珍訳を連発してスレで話題となり、当時の生物記事関連の第一人者・Keisotyoに会話ページに殴り込まれ、戦慄して回答を拒否して立て籠もってしまったためKarasunokoにを炊かれる。さらに独断で修正を入れてミスを帳消しにしようとしたが、かえって品質を悪化させてしまい、ついに投稿ブロック依頼にまで発展、疲弊した結果なすすべもなく休眠に追い込まれた。

それなりのご高齢ありで時間的な余裕があった方のようだが、あまりに早い翻訳スピードに「機械翻訳」を使用していたのではないかとの疑念もある[4]。休眠に至った経緯については「Wikipedia 10大ニュース 2016年」も参照。なお、同年12月に利用者ページの更新があり、それによれば胃癌が発覚し手術の後現在療養中であり、「ネットというのは人を殺すことも可能」だということを認識したとのこと。KeisotyoやKarasunoko、雲霞ら自身に容赦無いパッシングを加えた者達への恨み節であろうか。しかしながら、胃癌はHP菌が原因と相場で決まっており、それ以外の原因であってもたかだか数か月のストレスで癌になるのだろうかという疑念もあり、「自分の病気を誰かのせいにしたい気持ちはわかるけど、自分の病気をきちんと理解しないと立ち向かえません」というぱたごん(?)らしき声も挙がった。なお、一連の指摘についてはブロック依頼が提出されてから「明らかな個人攻撃」などと答えたのみで、最後までほぼ沈黙を守っていた。

注釈・出典

  1. ^ 利用者:龍伯oldid=22300093
  2. ^ 「Wikipedia:投稿ブロック依頼/龍伯」の版間の差分diff=60391026
  3. ^ Ranking list of user creating new article - Quarry
  4. ^ もっとも叩き台作成としては便利なツールであり、そんなものは使い方次第であるのだが。