「2020年のWikipedia」の版間の差分

提供: 2ちゃんねるウィキペディアスレまとめwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
45行目: 45行目:
 
:低質な自警行為や即時削除テンプレートの使い方が全く改善しなかったため2020年1月に{{w|Wikipedia:投稿ブロック依頼/青山午前0時29分第2弾|Rfb}}を提出されたが、{{w|マヌカハーニー}}などの翻訳記事を執筆したほか、上記の低質な自警行為や即時削除テンプレートの使い方が改善したため票変更、反対票が相次いで出たため、3/23に[[Bellcricket]]によりブロック見送りとなった。しかし、改善したはしたにしても、それでも相次ぐタイプミス。今後の活動が注目される。
 
:低質な自警行為や即時削除テンプレートの使い方が全く改善しなかったため2020年1月に{{w|Wikipedia:投稿ブロック依頼/青山午前0時29分第2弾|Rfb}}を提出されたが、{{w|マヌカハーニー}}などの翻訳記事を執筆したほか、上記の低質な自警行為や即時削除テンプレートの使い方が改善したため票変更、反対票が相次いで出たため、3/23に[[Bellcricket]]によりブロック見送りとなった。しかし、改善したはしたにしても、それでも相次ぐタイプミス。今後の活動が注目される。
 
;コメディアン、お笑いタレントでお馴染みの志村けんさんが亡くなる。一方、ウィキペディアは荒れる事態に(3/30)
 
;コメディアン、お笑いタレントでお馴染みの志村けんさんが亡くなる。一方、ウィキペディアは荒れる事態に(3/30)
:2020年3月23日に新型コロナウイルスの陽性が判明した志村けんさん。3月29日午後11時10分、それに伴う肺炎で亡くなった事が報じられた。しかし翌日、志村けんさんの記事は大荒れ。いせちかと思われるアカウントにより記事の[https://ja.wikipedia.org/wiki/特別:差分/76827594 移動]や転載、[https://ja.wikipedia.org/wiki/特別:差分/76828802 無関係の画像貼り付け(画像は削除済)]、要約欄の暴言など一時、深刻な状態となっていた。これに伴い、Nnhにより{{w|志村けん|志村けん}}は3ヶ月の半保護から2週間の全保護となる事態に。また、同時に半保護突破が繰り返されていた、{{w|大久保瑠美|大久保瑠美}}、{{w|高畑裕太|高畑裕太}}もNnhにより1ヶ月の全保護となったほか、半保護突破のための編集稼ぎ記事になっていた{{w|Wikipedia:サンドボックス|サンドボックス}}はノート同様、Taisyoにより拡張半保護実装までの間半保護にするという異例の事態に。一方でTwitterではNnhは「人の心といふ物は無いのか<ref>[https://twitter.com/nan_no_hi/status/1244536147578990593?s=21 nan_no_hiの2020年3月30日17:05のツイート]</ref>」と発言。要塞騎士は「人様の死を面白おかしくネタにして不謹慎な荒らしをする奴らこそ故人の代わりにくたばってくれれば良かった<ref>[https://twitter.com/fortknight1996/status/1244559791122345984?s=21 fortknight1996の2020年3月30日18:39のツイート]</ref>」と発言するなど、彼の死がどれだけ悲しいことか窺える。ちなみに訃報で荒らされる事例はこれだけでなく、2020年2月の{{w|野村克也|野村克也}}、2020年3月中旬は{{w|仲西環|仲西環}}と最近は増加している事態増えている。一方で日本語版だけでなく中国語版も荒れていた<ref> こちらは死因が「台湾肺炎」と記載されていた。[https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-619292/ 中国共産党が改竄した可能性があると指摘された]が、肝心のソースが{{w|サイゾー}}であるため信頼性は微妙である。</ref>。
+
:2020年3月23日に新型コロナウイルスの陽性が判明した志村けんさん。3月29日午後11時10分、それに伴う肺炎で亡くなった事が報じられた。しかし翌日、志村けんさんの記事は大荒れ。いせちかと思われるアカウントにより記事の[https://ja.wikipedia.org/wiki/特別:差分/76827594 移動]や転載、[https://ja.wikipedia.org/wiki/特別:差分/76828802 無関係の画像貼り付け(画像は削除済)]、要約欄の暴言など一時、深刻な状態となっていた。これに伴い、Nnhにより{{w|志村けん|志村けん}}は3ヶ月の半保護から2週間の全保護となる事態に。また、同時に半保護突破が繰り返されていた、{{w|大久保瑠美|大久保瑠美}}、{{w|高畑裕太|高畑裕太}}もNnhにより1ヶ月の全保護となったほか、半保護突破のための編集稼ぎ記事になっていた{{w|Wikipedia:サンドボックス|サンドボックス}}はノート同様、Taisyoにより拡張半保護実装までの間半保護にするという異例の事態に。一方でTwitterではNnhは「人の心といふ物は無いのか<ref>[https://twitter.com/nan_no_hi/status/1244536147578990593?s=21 nan_no_hiの2020年3月30日17:05のツイート]</ref>」と発言。要塞騎士は「人様の死を面白おかしくネタにして不謹慎な荒らしをする奴らこそ故人の代わりにくたばってくれれば良かった<ref>[https://twitter.com/fortknight1996/status/1244559791122345984?s=21 fortknight1996の2020年3月30日18:39のツイート]</ref>」と発言するなど、彼の死がどれだけ悲しいことか窺える。ちなみに訃報で荒らされる事例はこれだけでなく、2020年2月の{{w|野村克也|野村克也}}、2020年3月中旬は{{w|仲西環|仲西環}}と最近は増加が見られる。一方で日本語版だけでなく中国語版も荒れていた<ref> こちらは死因が「台湾肺炎」と記載されていた。[https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-619292/ 中国共産党が改竄した可能性があると指摘された]が、肝心のソースが{{w|サイゾー}}であるため信頼性は微妙である。</ref>。
   
 
== 4月 ==
 
== 4月 ==

2020年12月16日 (水) 13:37時点における版

Information icon4.svg
同年の「Wikipedia 10大ニュース」はこちらに統合されています。
日本では100%令和の2年目がはじまった

1月

Kone騒動、風呂見送りで決着 (1/13)
昨年末より管理者に「闘魂注入ビンタ」を喰らわせ暴言や自惚れなどやり放題だったKoneだが、年明けになり一転謝罪の弁(と言う名の申し開き)を述べて結局芋を引く事態に。これによって多数の保留・取り下げ・反対票が出た事で管理者のぱたごんの裁定によりブロック見送りとなった。

詳細は「2019-2020年年末年始 亀の甲より年のKone騒動」を参照

トリプル立候補
2019年末、AraisyoheiがOhgiの推薦で管理者に立候補。直後YapparinaがReiwa periodの推薦で立候補、負けじとそらたこが削除者に立候補し、トリプル立候補となる。結果、Araisyohei、Yapparinaは無風当選するも、そらたこがWP:ILLEGITを理由にY-dashより無期限ブロックを受ける。このどう考えても当選は不可能な状況で、しかも本人が取下げを宣言したにもかかわらず、切干大根は「終了すべき≒信任に反対というのであれば、反対に投票すればよろしいかと思います」と投票ごっこ[1]続行を宣言。反対票が3票積み重なったところで、rxyが打ち切り
Reiwa period、「LTA:SUZU」疑惑からのブロック (1/24)
編集回数は3700回越えるが、その75%がWikipedia名前空間で、標準名前空間の編集が5%未満という超典型的自警利用者のReiwa period。議論を引っ掻き回すその編集傾向からスレッドや表[2]でもLTA:SUZU疑惑がささやかれていた[3]が、そんな彼/彼女に対し、元管理者・CU・OSのベテランMarine-Blueが、ついにWikipedia:投稿ブロック依頼/Reiwa periodを提出した。綿密に調べられた共通項の纏めもあり、1月27日までに管理者票2票[4]を含む9票の無期限ブロック票を集め、Reiwa periodの「管理作業・議論が中心の編集スタイルを見直し、記事の編集を中心に行って参りたい」との路線修正[5]必死の主張[6]もむなしく反対に結びつく擁護は特にない。半ば目的化した反対によるカウンターアタックを得意とするTakabegがコメントにて待ったをかけるも、当初は依頼文もろくに見てないで切り出したのが露呈しており、立ち位置そのものがノートに葬られようとするなど[7]、「どーんといこうや」状態となり無期限ブロックが確実視される状態であったが、当人は2月4日になってInfinite0694により無期風呂に沈んだ[8]
なお、依頼者のMarine-Blueは、ちくり板にて「CU権限ある以上、根拠の甘いブロックは巻島以上にエラいことになる。」と漏らすなどソックパペット調査に慎重な面があったり[9]、CU依頼が出ると積極的に調査・報告を行いながら「編集傾向などの同一性を調べ上げるのも大事」という主旨のアドバイスをよく行っていたほどであり、また、自身がかつて無能CUによる冤罪被害にあった件でも十年以上経たのちにツイッターでその話に触れられると当時の心境を語るなど[10]、今回のブロック依頼に踏み切ったのは余程のことであるのがうかがえる。ちなみに、他者により「編集傾向の追加情報」節が加えられたことでより説得力のある根拠が示されているが、そもそもMarine-Blueは読むのがうんざりするような長文の依頼を書くのを嫌っており、手抜きしたわけではなく必要最小限で済ましたものと思われる。
Fitness200805、無期限ブロック(1/25)
元長期荒らし利用者で2013年にブロック解除されていたFitness200805であったが、2019年12月31日に突如として復帰、かつて自らが粘着していたDr jimmyに対する杜撰な私怨ブロック依頼を提出するという問題行動を起こす。これを受けてFitness200805に対するブロック依頼が提出され、提出後も何ら弁明や反省表明・反論などを行わないまま虚しく無期限ブロックとなった。元長期荒らし利用者が再度無期限ブロックされるパターンはダルメーターに次ぐ史上2例目
千代田区KDDI可変IP、1年ブロック (1/27)
迷惑利用者、千代田区KDDI可変IPの中の人に対する2つの帯域のブロック明けから間もなく、両方の帯域でガキと見られる別人[11]が明らかな荒らし行為を行ったため、ぱたごんによって2つの帯域をカバーする広域で1週間の即時ブロックがなされた。そこへ持ってきて切干大根Wikipedia:投稿ブロック依頼/千代田区KDDI可変IP 3回目を提出するが、前回とは別件であるにもかかわらず言葉を濁してやや強引な依頼内容であり、「それぞれ/16の範囲」などと事実誤認または日本語の間違いまで見られた(実際には「合わせて/16の範囲」である)。しかしながら、これには誰にも触れられてないオチがあって、そろそろ当初の中の人は別の帯域に流れたかもしれないという中で、どう見ても本人と思われる106.133.94.108がまんまとWikipedia:コメント依頼/Araisyoheiに出没。何やら長文の自家発電を披露してる。それだけならブロックされないものの結局、荒らしの存在の巻き添えを食らい、1月27日をもって両者無事1年の投稿ブロックに処された。他人を呪ったツケが自分が呪われてるとは。さらにもう一つオチがあって、自分ルールを垂れ流すなどReiwa periodのしったかが露呈した。
鶏ガラ、初の風呂焚き(1/30)
元管理人の鶏ガラことTriglavが、竹島の改名絡みで対話拒否をしたとして、10周年の執念 (利用者)によりWikipedia:投稿ブロック依頼/Triglavが提出される。が、鶏ガラどころか他の利用者から論破された末に、コメント依頼の多さから勘違いしていわば私怨で出したような風呂依頼だった為、依頼者が総スカンを喰らった挙句当のTriglavにもこれでもかと言う程の嫌味をありったけ書かれた末ぱたごんによりブロック見送りで収束した。
管理者の対応遅れが深刻に(1/31)
当まとめwikiでもかつては恒例であった移動荒らし(投稿記録)が早朝に湧いた。これがそのとりあえずアカウントを作成(荒らしの記録)、無駄な動きは何もせず4日半経ったところで特に害のない編集回数を一気にこなし、自動承認された利用者の条件を満たした途端に大胆に荒らす、という教科書的な工程であった。明確な荒らし行為は3時7分(JST)から始まり自警数名が応戦にあたるが、荒らし本人が満足して5時25分を最後に立ち去ってもなお管理者は現れず、6時46分、㭍月例祭がブロックから手をつけて7時6分に削除を終えようやく落とし前をつけたかと思われたが、実は10時40分まで残骸が残ったままであった。本来は記事書きに専念しているはずの㭍月例祭が、まるで宮澤喜一のようにこきつかわれている現状は見るに忍びない。なお、この件について元管理者のMarine-Blueはツイッターで「時間帯の問題だな。[12]」とバッサリ。同年2月11日朝(こちらは割と速やかに対処された)の移動荒らし再襲来では「拡張半保護まったなし_:(´ཀ`」 ∠):_[13]」と対策に乗り出す必要性を訴えた。

2月

画像投票所に常駐していた怪しい3アカウント、無期限ブロック(2/6)
Doooseven, Laughaded, Ragerrazeに対するコメント依頼提出から1ヶ月半が経ち意見が出尽くしたところで、コメント依頼提出者のtottiが2月1日、ブロック依頼提出に踏み切った。賛成票7票を集め、3アカウントは2月6日に無期限ブロック処分となった。
自動承認要件の見直しの提案がされる(2/11)
2月11日、日本の世の中は皇紀2680年となる「建国記念の日」。そんな日の朝方、1月末に続く移動その他の荒らしが発生。直後に報じられた野村克也の訃報に反応したのもあり、さらに過熱した。これに伴い、すでに12月4日の荒らしから編集半保護と移動半保護それぞれ6か月、12月10日の移動荒らし発生から移動全保護となっていた大石昌良の項目は、編集全保護1週間と移動全保護無期限に変更された。この影響もあってBsxが2017年の反対意見を無視し、半保護の強化でしかない自動承認要件の見直しについてを井戸端で提案した。案の定「先行議論があります。」とツッコまれたBsxはこれを「沙汰止み」などと見くびっていた。にも拘らずrxyが拡張半保護も視野に入れて話を進めると、気をよくしたのかMarine-Blueは提案者として「急ぐようであれば早急に再開したいと思います。」と前向きな考えを表明。それに続きrxyは「手順をしっかり踏んで後々ケチをつける隙の無い堅実な進行をお願いしたいところです。」と協力はしないが激励するとも釘を刺すともとれる意味深にコメント。とにかく拡張半保護および拡張承認された利用者のフラグと言った半保護突破対策についての再検討を進める動きが明らかになった。ちなみにMarine-Blueは12月の時点で「申請ページは用意して良いと思いますが、申請ページの経由を義務化せず、管理者裁量も可能とする方向で考えています。」としていた。本来こういうことは現役管理者が言えば独裁的であり自滅もあり得るのを、Marine-Blueの場合、すでに権限を返上しているのでいやらしくない。その立場から、「運用開始後、個別に合意形成でもたもたする(しかし議論活性化に繋がるかも)」のと「明らかなことであるから荒らしと雪玉で焦る(これにより、手出し可能な一部の管理者に依存してしまう懸念も)」のとでもめるところを押さえておくに越したことはないだろう。
2019年コロナウイルス(SARS-CoV-2)の電子顕微鏡写真
新型コロナウイルスで日本初の死者(2/13)
中国産の病原体、2019年コロナウイルスが世界的な大流行の兆しを見せ始め日本にも上陸。2月13日、神奈川県で日本初となる死者を出した。そのあたりからまあ現実世界は大騒ぎ。特にその後、えらいことになっている北海道民関連のまとめが望まれる。
令和の猫好き、多重アカウント使用で無期限ブロック(2/16)
以前からスレでも多重アカウント疑惑があった令和の猫好きだが、2月16日にぱたごんにより無期限ブロックとなった。なお、令和の猫好きについては副アカウントも所持していたため、そちらも併せて無期限ブロックされた。ほとんどの利用者はDCHANCEやすらいむさん系と予想した利用者が多かったのだが、まさかのSZMYである(しかも自白である。こちらを参照)。令和の猫好きは1月6日にアカウント登録したのだが、以前からrvv編集や利用者ページに安易にテンプレート貼り付けるなどの低質な管理行為が多く周囲から多重アカウント疑惑が浮上したため、切干大根によりコメント依頼が提出された。ちなみに猫好きと言えばあの有名利用者Nekosuki600を想像することが多いようだが本人曰く「猫が好きだから猫好きにした」とのことらしい。

3月

布田十番通り、無期限ブロック(3/14)
Aiwokusaiの提出したWikipedia:投稿ブロック依頼/布田十番通りが提出から4か月を経てようやくクローズされ、オブヤシとして2016年7月から活動していた問題利用者・布田十番通り(旧名: 調布民の中の調布民オブ2、ユゥミン)が無期限ブロックに処せられた。
元空気清浄機、清浄石井こと青山午前0時29分第2弾のRfbが見送りに(3/23)
低質な自警行為や即時削除テンプレートの使い方が全く改善しなかったため2020年1月にRfbを提出されたが、マヌカハーニーなどの翻訳記事を執筆したほか、上記の低質な自警行為や即時削除テンプレートの使い方が改善したため票変更、反対票が相次いで出たため、3/23にBellcricketによりブロック見送りとなった。しかし、改善したはしたにしても、それでも相次ぐタイプミス。今後の活動が注目される。
コメディアン、お笑いタレントでお馴染みの志村けんさんが亡くなる。一方、ウィキペディアは荒れる事態に(3/30)
2020年3月23日に新型コロナウイルスの陽性が判明した志村けんさん。3月29日午後11時10分、それに伴う肺炎で亡くなった事が報じられた。しかし翌日、志村けんさんの記事は大荒れ。いせちかと思われるアカウントにより記事の移動や転載、無関係の画像貼り付け(画像は削除済)、要約欄の暴言など一時、深刻な状態となっていた。これに伴い、Nnhにより志村けんは3ヶ月の半保護から2週間の全保護となる事態に。また、同時に半保護突破が繰り返されていた、大久保瑠美高畑裕太もNnhにより1ヶ月の全保護となったほか、半保護突破のための編集稼ぎ記事になっていたサンドボックスはノート同様、Taisyoにより拡張半保護実装までの間半保護にするという異例の事態に。一方でTwitterではNnhは「人の心といふ物は無いのか[14]」と発言。要塞騎士は「人様の死を面白おかしくネタにして不謹慎な荒らしをする奴らこそ故人の代わりにくたばってくれれば良かった[15]」と発言するなど、彼の死がどれだけ悲しいことか窺える。ちなみに訃報で荒らされる事例はこれだけでなく、2020年2月の野村克也、2020年3月中旬は仲西環と最近は増加が見られる。一方で日本語版だけでなく中国語版も荒れていた[16]

4月

Kone、無期限ブロック(4/5)
2019-2020年年末年始 亀の甲より年のKone騒動が終わり、ほとぼりが冷めてからしれっと復活していたKoneであったが、対立相手の切干大根によって3月30日に提出されたコメント依頼でいつまでも納得しない姿勢やヘイトスピーチが指摘されてコミュニティから総スカンを喰らうこととなる。コメント依頼提出から僅か12時間後に片割れ靴下の手により投稿ブロック依頼が提出され、賛成票8票を集めた上で無期限ブロック対処、16年間に及んだ彼のウィキペディア・ライフに終止符が打たれた。
ぱたごんがrxyに煽られて管理者辞任(4/16)
メタのスチュワードでもある管理者rxyから辞任勧告を突きつけられたぱたごんが、その不意打ちに圧倒され即答で辞意を表明、権限を返上した。が、その先にはrxyにとって倍返し以上の悲運に見舞われる運命が待っていたのであった。

詳細は「2020年春コロナ禍ぱたごん肩叩きrxy道連れ騒動」を参照

狂々亭駄楽がアカウント名変更(4/18)
昨年管理者立候補で炎上した狂々亭駄楽が署名と同じ「Daraku K.」に利用者名を変更。
元管理者W.CCがウィキブレイクから復活(4/19)
元管理者のW.CCが4/19の日本時間01:59に自身のユーザーボックスのウィキブレイクを除去し、約1年と9ヶ月ぶりに復活した。
Mirinano、復活(4/19)
昨年9月で2年ブロックが明けていたMirinanoが日曜日の同日日本時間14時48分に某VTuberの記事に大幅加筆をするという形で復活。
Sakurapop7が復活&アカウント名を桜之七柄に変更(4/21&25)
昨年2019年春Sakurapop7危機で1年ブロックに沈められ、ブロック解除依頼を提出するも放置プレイされていた彼であったが、ブロック解除当日に編集再開。そして4日後に利用者名を「桜之七柄」に変更した。
切干大根、akane700のソックパペット疑いでブロック依頼を出され荒れる(4/27)
かねてからakane700のソックパペット説があった切干大根であるが、これまた色々なやらかしでLTA:DCHANCEないし真珠王子呼ばわりされているキノカノによって4/27 8:31「四にな野菜」(UTC)に風呂焚きされるに至るも、今迄のソックパペット説や一致点からか賛成票が集まり荒れる事態に。一方で依頼者の利用者:キノカノ会話 / 投稿記録(2019年11月23日 - )は、利用者:重水会話 / 投稿記録(旧・利用者:Napoleon VIII[17]、2018年1月7日 - 2019年11月25日)の生まれ変わりというだけでなく、 Wikipedia:コメント依頼/切干大根 20180115を出した利用者:S2AP1会話 / 投稿記録(2017年2月27日アカウント登録、2017年3月28日 - 2018年1月17日)のブロック破りの可能性が高く[18]、しかも事もあろうにLTA:AKANEの根拠の1つにこのWikiの切干大根のページを挙げると言うバカ丸出しの行為に出てしまっている。さすがにJAWPのネタを扱ってるとは言え、本家JAWPでココを出典にしてLTA呼ばわりはダメだろォィ・・・おまけにこの依頼にrxyまで独自の調査をしたのかしないのか不明ながらも簡潔なコメントのみで賛成したもんだからさぁ大変、ソックパペット臭いアカウントが出した依頼にただ同調するってまーた恥の上塗りと言う名の墓穴を掘る気か(なお、先述のrxyから肩叩きの目に遭わされたぱたごんはシロではないがグレーであるとの見解をあれこれ示して反対。が、その後取り消し)。
そもそもかつてのVigorous action#Youichikun1968「利用者ページユーザーボックスの一致」その他[19]と大差ない根拠でWikipedia:コメント依頼/Ryumonsan、Watanabebashiなど一連のソックパペットを立件できたのは、現役管理者で当事者、利害関係にあるMaximusM4が主導したことによる。当時はスレの情報をそうとは言わずにロンダリングしてMaximusM4が提示、Shiro0922が検察的役割で考察、再調査にあたったという絶妙なコラボのノリがあった。一方でMaximusM4が他利用者の方より情報がもたらされましたとまで採用したネタ[20]は当初が資格外コメントとして除去したのをHmanがノートに復帰させたものだった。ということで情報の出所によって真偽が問われるくらいなら、外部のページに担保させることなく自分の言葉で書くという執筆力同様の芸が米風呂の依頼者にも求められているのであって、それもまたノリのいい参加者にコラボを期待できないことにはどうしようもない、のが現実かもしれない。被依頼者LTA:TENRIから執拗な攻撃を受けていたMaximusM4のようにLTA:AKANEとは宿敵とも言えるPenn Stationが動いてくれれば話は別だが。
ちなみに当wikiの切干大根の項目は、ぽてから軍団の項目でも見せたネトウヨHmanの信条に基づく「匿名利用者たちによる勝手な放言」とまで言い切る検閲がLTA:AKANEとの関係の加筆を妨げていたのがあった。しかしHmanの失踪後、特に伏せる必要がなくなっていたところへ、疑惑について自分ではろくに調べもせずドヤ顔で他人の受け売りを加筆するという輩が出た。これがそのAyuta TonomuraがjawpのLTA:AKANEのページにまとめていた特徴に担保させるのみ、というお粗末なものであったため、当wiki独自で一から詳細をまとめたのが切干大根#LTA:AKANEとの関連性節だったという。
なお当該ブロック依頼の反対者から「被依頼者が外部サイトで、書き込みをしていたという記載を確認しましたが、必ずしも同一人物とは断定できません。」というもっともらしい指摘が寄せられてもいるが、そこはあとで有耶無耶にならないよう当時あった専用スレでの要望もあり、利用者・トーク:切干大根#確認ですでかなり厳しく本人確認を行っているのであった。この時は当wikiでなりすましとして暫定ブロックしたのを本人による事実上の異議申し立てとしてレスしていた。これをもって「本人であることを明言」したと言える言えないでスレ住民の意見に押されてブロック解除したという経緯がある。その際に用いられた◆/PU0O2.NZ6のトリップは2020年5月現在も本人の利用者ページに掲げられているもので極めて信憑性は高い。よって当wikiの切干大根がjawpの同名利用者と同一人物であるのは紛れもない事実と言える。

5月

rxy、管理者立候補でまさかの落選(4/24〜5/1)
4月にぱたごんを辞任に追いやって以降、孤立が続いていたrxyであったが、本人も一旦ローカルの管理者・オーバーサイトの権限を返上、衆議院解散のようなノリで政治的出直しを目論むも、ぱたごんの件が引きずってるわ新たな反対理由が出てくるわでほとんど暴動・糾弾に発展。反対が7割弱を占める惨敗となった(いわゆる「rxyおろし」)。次の段階としてオーバーサイトの信任投票に進み、30票に届くかなという贅沢な悩みは解消されたが……。

詳細は「2020年春夏・上級利用者rxy 対コミュニティ戦」「rxy」を参照

Tomos、Tomosらず(5/2)
ここ数年ほとんど権限行使がないにもかかわらず、自動退任の対象となる3ヶ月ギリギリでログイン、編集をすることで自動退任から逃れ続けてきた古参管理者Tomosだが、2020年2月2日9:59:24UTC〜2020年5月2日9:59:24UTCまで3ヶ月編集、権限行使をせず、ついに自動退任となった。なおmetaに権限除去依頼をしに行ったのは、毎度お馴染みrxyである…が…「This user are inactive for 3 months」…are[21]って…???ちなみにこの日はリアルで「重体説」「死亡説」が言われていた北朝鮮の最高指導者・金正恩の活動再開が各紙によって報じられた。
切干大根LTA:AKANE疑惑で事実上の敗北宣言、逐電の末に無期風呂に沈む(5/8・5/20)
そろそろ引越し。新物件を発見!
引越し済み。
上述、Wikipedia:投稿ブロック依頼/切干大根を出したあやしい以上の依頼者は、Wikipedia:コメント依頼/キノカノを出されたのもあってか4月27日を最後に活動停止。それからリアルの世の中は新型コロナウイルスの影響で空虚なゴールデンウイークを迎えようとしていた。これによりLTA:AKANE疑惑についてそれなりに調査を続行しようとする暇人が現れたのはもちろん、新型コロナウイルスが武漢起源ではないという中国側の主張に真っ向から対立する米国とかぶる、そんな流れになってきた中で苦しい言い訳をしてきた切干大根であったが、とうとう観念したのか捨て台詞を残して逐電した。「逃げるんですか」。
また、リアルでは飼育されている世界最高齢のアカゲザルとして京都市動物園の「イソコ」42歳がギネス記録に認定されたのが報じられた[22]。一方でjawpのアカザル「切干大根」3歳もLTA:AKANEとしては本体の1,346日に迫る長寿記録を更新中であったが1,161日目で入浴の準備中に運命的と言える終焉である。
なお、鼻に豆を詰める観点からLTA:AKANEを追うにあたっての特徴は対策に繋がるので無闇に公表すべきではない、という声もあるかもしれない。が、当wikiの切干大根#LTA:AKANEとの関連性においてこれでもかと公表したあとも当の本人は何ら変わることなく、ついには封印していた化学系の記事に手を出してしまったのである。このことはLTA:AKANEが非常に自己顕示欲が強く自分を変えない、変えたらWikipediaに戻ってくる意味がない(ただし、即時ブロック対象の喧嘩には懲りたようである)、「akane700をいつまでも忘れないで欲しい」という示唆、怨念を意味していると言える。ちなみに本wikiにおける特別:投稿記録/切干大根にも表組みによる視認性の向上や速報ネタをリアルタイムで逐一まとめ上げていくなどの得意とする編集傾向が濃く表れている[23]。そのあたり、リアルにおける時事・災害ネタをWikipediaで扱うのもjawpの騒動を当wikiで取り上げるのも同義なのであった。そして5月20日、Bellcricketによって無期風呂に沈んだ。
拡張半保護導入(5/14)
長らく導入議論が続いた、半保護突破LTA対策のためのWikipedia:拡張半保護の方針が、決選投票(3/30-4/6)と正式化議論を経てようやくロールアウト。半保護・全保護の間の新レベル、拡張半保護が正式導入された(システム上の有効化は4/10)。
Sakoppi、管理者就任(5/23)
自警兼執筆者、Wikisource管理者のSakoppiが管理者に立候補、反対票無しで就任。
Wikipedia:投稿ブロック依頼/rxyAiwokusaiの手によって提出される(5/24)
前述の「rxyおろし」の続きがこれ「rxyつぶし」である。なんだかメタのスチュワード様と、のうのうと振舞う上級国民がダブって見えるとか、コロナ禍の自粛のうっ憤が向けられているとか、少なからずありそうである。先の切干大根の件で依頼内容がお粗末でも議論活性化によって補いLTA認定の合意形成に至ったことや、TomosがとうとうTomosらずアンビリーバブルを可能としてしまったのも最悪のタイミングかもしれない。ブロック依頼の結果、新米管理者のYapparinaの裁定によって6ヶ月間のブロックを宣告された。

詳細は「2020年春夏・上級利用者rxy 対コミュニティ戦」「rxy」を参照

超泡沫・未知数管理者候補、呼び出しリモコン立候補(5/25)
スチュワード様のローカル信任投票が賛成13票・反対27票、信任率32.5%だったのに対し、さてどうなるかと思われたのだが、投票中に伊佐坂安物からの指摘で2018年1月に無期限ブロックされたS2AP1のソックパペットではないかと疑われ、投票期間終了直後に無期限ブロック。なお、このような重大事が発覚し賛成票撤回の猶予は十分あったにも関わらず、2人取り消して新たに2人賛成という「まさかスチュワード様へのあてつけでは?」みたいなまま終わり、最終結果は賛成11票・反対18票、信任率37.9%でスチュワード様よりはましだった。
Infinite0694、ビューロクラット、チェックユーザー及びオーバーサイトに就任(5/29〜6/14)
Infinite0694Wikipedia:管理者への立候補/Infinite0694/20200515 BCで賛成31、反対0の全会一致で管理者の上位権限であるビューロクラットに就任。ぱたごん、rxyと相次いで活動量の多い管理者が辞任した衝撃のためか5月下旬は信任投票への臓器移植希望者立候補者が相次いだ。ビューロに信任された同日、チェックユーザーオーバーサイトにも立候補。Infinite0694の会話ページでQ8jによって指摘された3年前の5chでの発言とそれに対する弁明がコミュニティからの心証を悪化させたようだが、結局CU、OS共に信任となった。
W.CC、トリプル立候補(5/29〜6/13)
4月19日にブレイクから復活していた元管理者のW.CCが管理者、ビューロクラット及びオーバーサイトの3権限にそれぞれ立候補、信任。

6月

えのきだたもつ、管理者就任(6/12)
5万回の編集回数がありながら管理系に携わることの少なかった利用者・えのきだたもつが賛成44:反対0で無風当選を果たした。5月28日の立候補時点では管理者に立候補する者としては珍しく利用者ページを作成していなかったが、5月29日に作成していた。Yassieによる3,305バイトの長文賛成コメントもあり優良管理者として期待されたが、管理者就任後は低質な管理行為が収まらずに会話ページに苦情が殺到している様子である。
Heliotrope89、引退(6/14)
おそらくは切干大根のブロック破りソックパペットであろう胡散臭いアカウント・Heliotrope89が、靴下疑惑を受け利用者ページにRetiredテンプレを貼り引退。akane700#Heliotrope89も参照。
Arvin、突然の引退(6/20)
GA18本の優良執筆者Arvinが引退、パスワード公開で無期限ブロックを受けた。カスピ海州という記事を事前の提案なしでカスピ州へ記事名移動するも、初版投稿者のHirotek654が正規の手続きではないとしてノートで議論していたが、それから2日も経たないうちの出来事だった。Hirotek654はいきなり投稿ブロックに言及するなどアレな利用者と言え、その間にすぐ第三者の助け船が来なかったせいだろうか。とても悔やまれる出来事である。
伊佐坂安物、管理者就任(6/25)
元削除者の伊佐坂安物が6月11日に管理者に立候補。4-6月の立候補祭りにおける信任投票の中では最多となる賛成52票(反対0票)をもって6月25日にInfinite0694によって権限を付与された。

7月

巻き戻し者129femtoseconds、ソックパペットとして無期限ブロック(7/17)
6月15日に巻き戻し者に信任されたばかりの129femtosecondsが、就任からわずか1ヶ月後に3年前に無期限ブロックされたSyun respect for musicのブロック破りと判断されて無期限ブロックされた。それに伴い巻き戻し者の権限を即時剥奪され、権限剥奪に対する追認依頼が提出された。
jawpにおいて、なんらかの権限保有者がソックパペットとして無期限ブロックされ、権限を剥奪されるというのは今回の事例が初。
なお、6月の権限申請は賛成18票、反対6票(信任率75%)とぎりぎりだった。
スレでは真珠ではないかと疑われているネガポジがこれに大きく反発し、ブロックに関与した4人のCUに辞任勧告するも全員が反応すらしなかった。その結果鈴虫とインフィニに対する解任動議を提出したが、こちらも総スカンされ動議すら成立せずに終了。

8月

オランウータン、引退宣言(8/11)
削除厨キラーとして知られた利用者・オランウータンの「飼育員」を名乗る人物が、本人のアカウントで利用者ページにおいてオランウータンの活動停止を宣言、その理由を記入した。
巻き戻し者の権限申請、大幅に簡略化(8/11)
他言語版と比較して巻き戻し者が非常に少ないことを受けて、6/6に権限の見直しが井戸端に提案された。7/1 0時〜7/8 0時(UTC)に投票が行われ、巻き戻し以外にも付与されていた機能の除去、権限申請の大幅な簡略化、管理者への巻き戻し者権限付与機能追加、巻き戻し者の自主的な権限除去機能付与が賛成多数で可決された。
これに伴い、管理者に準じて行われていた投票が不要となり、立候補者が適格だと管理者が判断すれば権限付与が可能となるよう8/11に方針が改訂された。改定後わずか1週間で新たに7名が就任しており、巻き戻し者の増加という目論見は今のところ成功している。
Mirinano、巻き戻し者に立候補し即日付与される(8/16)
2017年8月、無期限ブロックの危機に瀕し2年のブロックで勘弁してもらった際に「2年間しっかりとウィキペディアから離れ、その後は記事を書くことに専念し、管理行為などへ背伸びはしない。」と自ら宣言したMirinanoがそれを反故にして巻き戻し者に立候補、ネイによって即日付与された。そのあと、これについて特にうそつき呼ばわりなどの目には遭ってないようだが、もしも何かやらかしたら約束を破って権限を手にした上でのことなので、左記差分は必ず突きつけられることになるだろう。
海獺 vs. W.CC & Yassie戦開戦(8/17)
上記の巻き戻し者権限に関連してW.CC海獺が対立する事件があり、W.CCからWikipedia:コメント依頼/W.CCおよび海獺が提出された。コメント依頼は途中からYassieと海獺の泥仕合に突入するが、見かねたXx kyousuke xxが「私には完全に「電算機資源の無駄遣い」に見えます」とコメントしたことで両者が黙り、依頼提出から僅か4日でコメントが途絶えた。

9月

「岡田更生館事件」改稿騒動(9/2 - 9/10)
「ウィキペディア文学」の一つとして外部で有名だった岡田更生館事件について、出典とされていた大森実(事件に際して潜入した当人)の著書から大量のコピペや改変があることを理由に、Rienziが大規模な除去をおこなってWikipedia:削除依頼/岡田更生館事件を提出した。ところが間の悪いことにテレビ番組『奇跡体験!アンビリーバボー!』がその翌日にこの事件を題材としてオンエア、放送を見てウィキペディアをチェックした人間が「記事内容が消されている」という苦情をSNSなどに書き込む騒ぎとなった。RienziはTwitterアカウントで、除去理由を説明しても聞く耳を持たない向きへの嘆きとそのために心が折れかかっている苦悩を表明、「剽窃が疑われる箇所」の提示方法をノートページで問うなど迷走しかかったが、Professer Pineがクリーンな形で記事を修復し、何とか収束した。
Kanjy、管理者再就任(9/13)
2006年から管理者、その後BCとCUに就任し8年前=2012年に活動量低下により自動退任していたKanjyが管理者に再立候補し無風当選。賛成24票とあまり盛り上がらなかった様子。
幽霊管理者Kamakura、管理者退任(9/16)
2005年から管理者で、ここ数年Tomos化していたKamakuraに対しWikipedia:コメント依頼/Kamakura 20200904が提出された。9月16日に至り本人申請により管理者退任となった。なおこの日は安倍晋三が日本国首相を退任した日でもある。

10月

「アナキズム研究会さんを支援する会」登場で荒れる
死神Aiwokusaiが提出していたWikipedia:投稿ブロック依頼/アナキズム研究会であったが、依頼提出から2週間以上経った9月末になって、被依頼者のカンバス行為の疑いが浮上。なんと「アナキズム研究会さんを支援する会」を名乗る団体が、ウィキペディアの有名利用者・さえぼー山田晴通の勤務先にブロック依頼への投票を呼びかける文面の書類を送りつけていたことなどが明らかにされた。なお、AiwokusaiといえばCHELSEA ROSEからの転生疑惑があるが、この依頼でもCHELSEA ROSEの多重アカウント説が唱えられていたAbesatoがAiwokusai支援に回っていることが興味深い。結果、合意が得られなかったためYapparinaの裁定によりブロック見送りとなった。
ちなみにであるが、当該依頼の今さら気持ち悪いイデオロギー狩り・衝突、水面下でのカンバスも辞さない庇い合い、闘士たちのゾンビのような復活と言った面子を見るに、Aiwokusaiの不思議がかえっていろいろと露呈してしまったかもしれない。ブロック自警の多くが相手を発狂させて暴れさせ、時期が来たら野次馬や死体蹴りと共謀、フルボッコにして葬るというAiwokusaiのやり方に同意してきたが、イデオロギー的にも親和性がある切干大根の台頭(切干大根#その軌跡と功罪参照)によって、ブロック依頼のGA選出とでも言えるような立場は大きく削られていった。切干大根(LTA:AKANE)の場合、右寄りな考えを大事にしつつも祭に右も左もない自在なところがあったし、何しろ記事の新規作成や画像提供などの貢献を怠ることはなかった。倒されたとは言え真珠王子にまで手を出す飛躍でブーメラン、グサッとなったのもある。悪質性では一歩譲るがAiwokusaiも明日は我が身だろう。参考までにイデオロギー事例と言えば当wikiではMoon.riseによるWikipedia:投稿ブロック依頼/Husa 20170921に先立ち「Husaによる執筆記事一覧」を露骨な喧伝としてまとめている。切干大根がブロック破りの疑い濃厚であることも再三取り上げてきた。すでに疑うに足りる相当な理由をここで提示されているAiwokusaiも、そろそろかもしれない。十分目的外利用にあたる参加姿勢を改める時期はとうに過ぎている。jawp上において自分を試し続けるのもいいが、敵を仕留め損ねて「使えねーやつ」と見切りをつけられ、包囲されたら「腐っても死神」として戦うことなくCHELSEA ROSEのときのように逃げるんですね、と想像に容易いようではいけない。

11月

ウィキペディアンが題材のテレビ番組相次ぐ(11/6、11/11)
11月6日に関西ローカルの『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)の金曜日コーナー「森羅万象 カラクリ」において京都府南山城村のウィキペディアタウンの模様を中心に「Wikipediaの魅力とは?」のタイトルで放送された。miya[24]が顔出しでビデオ出演し、ウィキペディアや活動について語った。
11月11日にNHK Eテレの『ねほりんぱほりん』が「ウィキペディアン」をテーマとして放送。海獺とSwaneeが(パペット&ボイスチェンジャーで)コメンテーターとして出演し、そのほかにHalowand、さかおりらがウィキペディアンの例としてコメント付きで紹介される。それらに加え、「荒し」のサンプルとして真珠王子のコメントが(ボイスチェンジャーベースだが)流れ、視聴者を驚かせた。
Koshiyou、ブロック解除(11/15)
切干大根の提出した依頼によって無期風呂に沈められ、昨年より会話ページで解除を求めていた元・問題利用者Koshiyouであったが、Yapparinaが親切にも提出した投稿ブロック解除依頼のおかげでブロック解除となった。

12月

脚注

  1. ^ 【Wikipedia】ウィキペディア第12版【IDあり】の>>342
  2. ^ ブロック依頼提出直前に、柒月例祭、Xx kyousuke xxも「LTA:SUZUぽいなとは思います」「提案者の行動様式はますますLTA:SUZUのそれに似て来た」と述べている。
  3. ^ 指摘されて慌てたのか、本人の利用者ページにも別アカウント・匿名利用者としての活動歴はございません。と書き足す行為に出ている。
  4. ^ ぱたごん、柒月例祭
  5. ^ 端的に言うと管理行為は控え編集に専念するということであるが、これはそうしてまで生き残りを賭けるとは、これまでの強い拘りを伴う参加姿勢から見て考えにくく、要はその場しのぎでしかなく、LTAのブロック破りとしてリストに加えられるのを何としても回避したい苦渋の選択であろう。
  6. ^ 風呂依頼直後に太赤大文字で必死の主張をした挙句、慌てて作りました感丸出しのTwitterアカウントを貼るなど、見苦しいのを通り越して情けなくなるほどの自爆ぶりを曝け出している。
  7. ^ その後、Takabegはノートで李下に冠を正さずと題しドヤ顔で曲事を嗅ぎ付けた(と言うよりもいつもの厨二病全開の説法)つもりになっているが、実はのちの依頼者とその他の一部がツイッターのスレッドで事前に名を連ねていただけ(しかも逆にコメント依頼を経た方がいいのではと言うコメントだった)のことであり、Marine-Blueの有言実行、それ以上でもそれ以下でもない話であったものをTakabegの謎バイアスで自爆したのがオチであった。
  8. ^ 一部利用者はSUZU認定に疑問を呈していたが、自然に流れた模様
  9. ^ ちくり板住人がWikipediaを弄るスレ 第39刷の336
  10. ^ marineblue1223の2019年4月26日2:28のツイート
  11. ^ 鼻豆すると編集の要約のタグ付けが異なる。
  12. ^ marineblue1223の2020年2月1日12:55のツイート
  13. ^ marineblue1223の2020年2月11日10:59のツイート
  14. ^ nan_no_hiの2020年3月30日17:05のツイート
  15. ^ fortknight1996の2020年3月30日18:39のツイート
  16. ^ こちらは死因が「台湾肺炎」と記載されていた。中国共産党が改竄した可能性があると指摘されたが、肝心のソースがサイゾーであるため信頼性は微妙である。
  17. ^ 利用者名変更記録 - 利用者:Napoleon VIII
  18. ^ アカウントの交代時期、連続性が3つピタリと合うといった偶然を超えた一致、キノカノと重水に見られる重箱読み的ウィキリンク構文(例: Wikipedia:投稿ブロック依頼/切干大根の初版要約およびソースと利用者‐会話:蜂蜜色#たくさん作成されている記事群)、S2AP1のリベンジが見え見えのキノカノによる今回の依頼など。
  19. ^ こちらは永遠(とわ)()に有耶無耶である
  20. ^ 今書いてるによるものなわけだが。
  21. ^ 【Wikipedia】ウィキペディア第33版【IDあり】の>>754より。義務教育レベルの基本中の基本であるが、areは複数形(彼ら)なのでこの場合使うのは、当然単数形のisである。
  22. ^ 42歳アカゲザル「世界最高齢」ギネス認定 「老猿ホーム」でのんびり余生. 2020年5月14日. (京都新聞).
  23. ^ そのために後日有耶無耶にされないよう利用者・トーク:切干大根#確認ですで厳しい本人確認を行っている。
  24. ^ 出演した人物が男性であったことと、一瞬だけ写り込んだ利用者名に“Miya.m”とあったことから、実際に出演したのはこちらだったのでは?と推測する声も